CD

Singer Song Traveler

臼井ミトン

基本情報

カタログNo
:
UBTA1
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
リマスター

商品説明

ニューヨーク、アラバマ、ロサンゼルス、ナッシュビル、トウキョウ…
宅録機材を担ぎ5都市を旅しながら制作した臼井ミトン1st アルバム、久保田麻琴のリマスターで再リリース!

20代前半で書き溜めた恋のウタと宅録機材をリュックに詰めて、日米のベテランミュージシャン達の自宅を訪ね歩いて録音された異色の宅録作品「Singer Traveler Songwriter」。ライヴ会場限定で発売され完売となっていたこの作品、「音の錬金術師」久保田麻琴によるリマスタリングに加えてオリジナル版未収録のボーナストラック追加、そして装いも新たに待望の再発。西海岸〜東海岸〜南部、縦横無尽に飛び回る臼井ミトンの音楽紀行!


■久保田麻琴 コメント
不思議な芸名を持つ多才なSSW。 臼井健こと臼井ミトンは、十代の終わりをギタリストとしてアメリカ音楽留学で過ごす。 バークリー音楽院ドロップアウトからジャムバンド・マンとしてLAに引っ越し、ジェームス・テイラーの弾き語りライブを体験して、SSWとしての自分に目覚める。 帰国後、様々な弾き語り仕事、グラフィック・デザイン、ドクター・ジョンの教則ビデオからニューオーリンズ・ピアノを学んだりして、数年間東京で過ごした後、書き溜めた曲と録音機材を携えてもう一度アメリカへ。点々と居場所を変えながら、大御所ミュージシャンに直接交渉してアルバムを完成させる。 その結果がこの『Singer Song Traveler』なのだ。
稀に見る才能と個性の発火点を、危うくも活き活きとしたこの国で、皆様とシェアさせていただきたい。
久保田麻琴


■臼井ミトン プロフィール
アナログレコードと古き良きアメリカンミュージックを愛するシンガーソングライター兼グラフィックデザイナー。
宅録機材をリュックに詰めてアメリカ中の伝説的なミュージシャンを訪ね歩く「旅する宅録アーティスト」として各種メディアで話題に。
ギター、ピアノ、バンジョー、チェロ等多数の楽器を演奏するマルチ奏者でもある。

1984年東京都世田谷区出身の牡牛座AB型。幼少よりチェロやドラムを学び高校在学中はバンド活動に勤しむと同時に、デザイン事務所にアルバイトとして潜り込みグラフィックデザインのスキルを磨く。高校卒業後はロサンゼルスへ移住、ギタリストとしてプロ活動を開始するも、James Taylorのライヴに感銘を受けてシンガーソングライターへの転身を決意、20歳で帰国。以来日米でアートディレクター・グラフィックデザイナーとして働きながらマイペースに音楽活動を行なっている。
宅録機材を詰め込んだリュックを背負いNew York、Muscle Shoals、Nashville、Los Angeles、東京の日米5都市を放浪して制作した1stアルバム「Singer Traveler Songwriter」を2011年8月にライヴ会場限定販売でリリース(1000枚完売!)。そして同様の手法でJim Keltner、Will Lee、Henry Butler、Greg Leisz、Herb Pedersenら伝説的なミュージシャンを訪ね歩き制作したミニアルバム「真夜中のランブル」を2014年8月6日にリリース。

収録曲   

  • 01. とっとと別れて付き合おう
  • 02. 恋人はバレリーナ
  • 03. Oh Yeah!! 〜今夜は死ぬほど君に会いたい〜
  • 04. ミランダ
  • 05. 胸がキュン
  • 06. Homeward Bound
  • 07. 江ノ島恋物語
  • 08. さよなら
  • 09. たいせつなひと
  • 10. よりにもよって彼氏がいるなんて
  • 11. 恋の初期症状(Bonus Track)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

臼井ミトン

アナログレコードと古き良きアメリカンミュージックを愛するシンガーソングライター(兼グラフィックデザイナー)。 ギター、ピアノ、バンジョー、チェロ等多数の楽器を操るマルチ・インストゥルメンタリストであると同時に、 宅録機材を背負いアメリカ中を旅しながら現地のミュージシャンとオーバーダビングを行なうというユ

プロフィール詳細へ

インディーズ に関連する商品情報

おすすめの商品