氷菓 角川文庫

米澤穂信

Ponta2倍 ベストセラー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784044271015
ISBN 10 : 4044271011
フォーマット
出版社
発行年月
2001年10月
日本
追加情報
:
15cm,217p

内容詳細

第五回角川学園小説大賞ヤングミステリー&ホラー部門奨励賞受賞作!

何事にも積極的に関わらない奉太郎が、姉の命令で入部させられた古典部で、部員の少女の叔父が関わった三十三年前に起きた事件の真相に迫る。省エネ少年と好奇心少女が繰り広げる青春ミステリー。

【著者紹介】
米沢穂信 : 1978年、岐阜の鉱山街に生まれる。金沢大学文学部卒業。2001年、角川学園小説大賞ヤングミステリー&ホラー部門奨励賞を本作で受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
 著者のデビュー作である。万能感の喪失の...

投稿日:2013/05/10 (金)

 著者のデビュー作である。万能感の喪失の描写という著者の持ち味が冴え渡っているとは言いがたいものの、その萌芽は一応見て取ることができる。そんなに長いわけでもないし、さくっと読める一冊である。

emanon さん | 不明 | 不明

0
  • coolhunter さん

    長女が買ってきた本
    ああ インシテミルの作者かあ

    高校生の青春な感じはいいと思う
    ああ 高校の時、こんなヤツいたなあ、なんて

    ミステリーとしては物足りない気がします
    あと、ミステリーを書くのって難しいんだろうなあ、って

    私的には重い小説を読みたくなりました。

  • Jun Shino さん

    ミステリー界では今をときめく米澤穂信を初読み。謎でなく作風にほお、だった。


    省エネをモットーにしている折木奉太郎は、海外に居る姉からの指示により、入学した高校で「古典部」に入る。部員はいないと聞いていたが、部室には同じ1年の千反田えるが居た。千反田は33年前古典部にいた伯父との謎を解いて欲しいと折木に頼む。


    「折れた竜骨」で日本推理作家協会賞、「満願」で山本周五郎賞、2015年このミス!第1位。今注目のミステリー作家、米澤穂信のデビュー作。「古典部」シリーズの第一作である。


    さてどんなもんだろうな、と読んでみたが、なかなか面白かった。よくあるようなライトノベルの体でありながら、会話、文章の流れともに少しひねり、一歩奥へ踏み込んでいる感じだ。主人公が省エネ主義、というのも、魔法のように謎を解き明かす探偵小説本道の隠れ蓑になっていて、なおかつ共感を得やすいのではと思わせる。取り巻く人々のキャラも面白い。


    私的には、北村薫に影響を受けただけあって、日常の謎を解き明かすところがそっくりだな、と思った。北村薫のさらにライトノベル版といったところか。だから、ほお、だった。


    予備知識なく読み出したので、ごっついむごい小説だったりホラーだったらどうしよう、と思ったが、このテイストなら次にも興味が湧く。それにしても、北村薫も、15年、20年前はこのように、若年層、女性層にウケるミステリー作家として登場したんだろうか、とちょっと思ってしまった。

  • Shoko.K さん

    先輩から貸してもらった本の一つ。
    最初はあまり面白く読めなかったが、本の中心に進むと、私の興味のある時代、学生闘争がテーマになっていて大変衝撃的。本は思いがげないところで自分の興味のあるところや、ふっと心をわしずかみにされる所が面白い。

    p180 「十年後。…なにかやり抜いたと想うことができているだろうか。」
    を私はいま、日々を悔いなく生きてるだろうか。やりたいことを十分にやってるだろうか。考えさせられる。

    p196 「古きを捨てて新しい時代をっていう日本中にうねってたエネルギーが、神高では文化祭で形になってた、」

    やはり、確かに、あの時代は熱があって、何かしらの影響を私たちの世代にも与えている気がする。
    でも、何故エネルギーはなくなってしまったのだろう。
    やはり、このテーマは今後も私は追い求めていきたいと改めて思った。

    内容はまずまずだが、この時代をテーマとしたことに敬意を評し、3. 5。

米澤穂信に関連する商品・チケット情報

  • 米澤穂信〈古典部〉シリーズ最新作 累計205万部突破の人気シリーズ最新作。奉太郎、える、里志、摩耶花――〈古典部〉4人の過去と未来が明らかになる、瑞々しくもビターな全6篇。 ローチケHMV|2016年11月25日(金)
  • 米澤穂信が放つ最新作品集 高校生の心中事件。二人が死んだ場所の名をとって、それは恋累心中と 呼ばれた。週刊深層編集部の都留は、フリージャーナリストの太刀洗と 合流して取材を開始するが、徐々に事件の有り様に違和感を覚え始める……。米澤穂信の新刊『真実の10メートル手前』。 ローチケHMV|2015年12月21日(月)

文芸 に関連する商品・チケット情報

  • 村上春樹 7年ぶりの本格長編が発売 『1Q84』以来、7年振りの本格長編小説が2017年2月に新潮社から発売されることが発表されました。書き下ろし2000枚の分量で全2冊。タイトルや発売日は今後発表されるとのことです。 ローチケHMV|5日前
  • 「アメトーーク!」読書芸人で紹介された本 読書芸人のピース又吉、オアシズ光浦、オードリー若林、メイプル超合金カズレーザーが登場し、今年オススメの5冊を紹介。「読書芸人大賞2016」も発表。番組に登場した本をご紹介いたします。 ローチケHMV|2016年11月11日(金)
  • 森見登美彦 新刊『夜行』 ある女性が姿を消して10年、久しぶりに集まった仲間が一人ずつ語る体験談。旅の夜の怪談に、青春小説、ファンタジーの要素を織り込んだ森見ワールド10年目の集大成。 ローチケHMV|2016年10月28日(金)
  • 川村元気 2年ぶりの最新小説『四月になれば彼女は』 恋も愛も、なぜ、やがて過ぎ去っていってしまうのか――。『世界から猫が消えたなら』『億男』の著者、2年ぶりの最新刊が11/5に発売。 ローチケHMV|2016年10月28日(金)
  • 吉田修一、凄絶で哀しい5つの物語。 人間の深奥に潜む、弱く、歪んだ心。どうしようもなく罪を犯してしまった人間と、それを取り巻く人々の業と哀しみを描ききった珠玉の5篇。 ローチケHMV|2016年10月18日(火)
  • 直木賞受賞の就活エンタメ『何者』公開中 平成生まれの作家として初めて直木賞を受賞した、朝井リョウによるベストセラー『何者』が映画化。原作、出演者の関連アイテムをご紹介いたします。 ローチケHMV|2016年11月15日(火)

おすすめの商品

ローチケHMVレコメンド