地形で読み解く鉄道路線の謎 首都圏編

竹内正浩

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784533100796
ISBN 10 : 4533100791
フォーマット
発行年月
2014年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
159p;21

内容詳細

鉄道の路線を扱うこれまでの書籍には無かった、地形論的アプローチ。鉄道は勾配に弱い乗り物で、地形を考慮しないルート選択は成立し得ない。特に、機関車が非力だった創成期の鉄道は勾配が10‰以下に抑えられ、ほとんど水平の場所しか敷設できなかった。また勾配の問題だけでなく、未熟な土木技術や工事費用の点から、トンネルや橋梁を極端に避けた。そのため、現代から考えればトンネルや橋で難なく抜けられる場所に思えても、極端なカーブを用いたりしている箇所が少なくない。本書は、東京都心部と近郊の鉄道を取り上げ、路線がどのように決定されたか、地形を糸口に謎解きを楽しむ一冊である。

【著者紹介】
竹内正浩 : 1963年愛知県生まれ。JTBで20年近く月刊『旅』などの編集に携わり、各地を取材。退社後、地図や近代史研究をライフワークとする文筆家に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

経済・ビジネス に関連する商品情報

おすすめの商品