中国が反論できない真実の尖閣史

石平

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594077730
ISBN 10 : 4594077730
フォーマット
出版社
発行年月
2017年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
230p;19

内容詳細

中国人にとって歴史はニセモノの骨董品!ウソと捏造から領土を守れ!中国人でも読める漢文史料と世界中の航海地図を検証すれば、尖閣が日本の領土であることは明白だ!

目次 : 序章 尖閣を守るために中国との歴史戦で勝つべきとき/ 1章 中国が曲解する「最古の史料」/ 2章 中国が主張する「有力史料」の捏造疑惑/ 3章 中国歴代王朝の官製地誌に記された領海/ 4章 琉球と清朝の領海の記録を検証する/ 5章 近代西洋人の航海記録に登場する尖閣/ 6章 現代地図と尖閣名称の変遷から探る領有権問題/ 7章 尖閣諸島に初めて上陸したのは日本人/ 終章 尖閣の陥落は日本の終わりの始まり

【著者紹介】
石平 : 1962年、四川省成都市生まれ。’84年、北京大学哲学部を卒業後、四川大学哲学部講師を経て、’88年に来日。’95年、神戸大学大学院文化学研究科博士課程修了。2002年に『なぜ中国人は日本人を憎むのか』(PHP研究所)を発表、中国の反日感情の高まりを警告。以後、中国や日中関係の問題について、講演・執筆・テレビ出演などで精力的に活動している。2007年、日本国籍を取得。『なぜ中国から離れると日本はうまくいくのか』(PHP新書)で第23回山本七平賞を受賞

いしゐのぞむ : 長崎純心大学比較文化学科准教授、漢文学専攻。1966年、東京生まれ。’89年、京都大学中国語学中国文学科卒業。’00年、同研究科博士課程学修退学。’01年、長崎総合科学大学講師。’08年、長崎純心大学講師。’09年より現職。笹川平和財団島嶼資料センター調査委員。’16年度内閣官房委託沖縄平和協力センター尖閣資料調査事業特別研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

石平

1962年中国四川省成都市生まれ。80年北京大学哲学部に入学。84年同大学を卒業後、四川大学講師を経て、88年に来日。95年神戸大学大学院文化学研究科博士課程を修了し、民間研究機関に勤務。2002年『なぜ中国人は日本人を憎むのか』(PHP研究所)の刊行以来、日中・中国問題を中心とした評論活動に入る。

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品