この商品に関連するタグ

劇画 家畜人ヤプー

石ノ森章太郎

Ponta2倍 送料無料

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784780801439
ISBN 10 : 4780801435
フォーマット
出版社
発行年月
2010年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
沼正三 ,  
追加情報
:
22cm,272,13p

内容詳細

あるマゾヒストが夢想したもうひとつの日本、邪蛮。約40年前に描かれた禁断の書、復刊。

【著者紹介】
石ノ森章太郎 : 1938年1月25日宮城県登米郡中田町石森(現・登米市中田町石森)生まれ。本名、小野寺章太郎。1954年『二級天使』でデビューし、その後『サイボーグ009』『仮面ライダー』『佐武と市捕物控』など次々と作品を発表。従来のストーリー漫画にとどまらず、『HOTEL』『マンガ日本の歴史』など、マンガの可能性を開拓。1985年、石森章太郎から、石ノ森章太郎と改名。創作活動以外でもマンガジャパン代表世話人や、(社)日本漫画協会常務理事をはじめとする様々な役職を兼務。1998年1月28日逝去

沼正三 : 1926年3月19日、福岡県福岡市生まれ。本名、天野哲夫。旧制福岡商業を卒業後、満州特殊鋼鉄株式会社に就職、帰国して海軍に入隊。復員後は、風俗誌にマゾヒズムをテーマにした原稿を投稿する傍ら、数々の職業を遍歴し、1967年、新潮社に入社。同社校閲部に勤務しながら、小説・エッセイを書き続ける。風俗誌「奇譚クラブ」の連載をまとめた『家畜人ヤプー』が戦後最大の奇書として話題となる。2008年11月30日逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
  • ぐりこ さん

    漫画も相変わらず読んでいて、時間あれば70年代〜の「少年/少女SFマンガ競作大全集」を拾い読み。「変態少年」と併せて「家畜人ヤプー」は、当日の晩にあっという間に読んでしまった。いや、まあ、どちらも、あっという間で読むような作品ではないので、本来ならばじっくり腰を据えてというところなのであろうが、なんか、勢いがついてしまったので、仕方がない。前者は言わずもがなの早見純先生。後者は石ノ森章太郎、で、こちらには全然いやらしさがなく、フェティシズムがどうこうというよりも別の国の生物の教科書を眺めているような妙な感じだった。手塚治虫のタッチにも似てなくもないが、石ノ森章太郎はもうちょっとあっけらかんとしているというか、血の通った生生しさがないというか、清潔で、妙にすっきりしていて、いやらしくない。眺めているこちらの在り方でそう見えるのだとしたら、わはは、わたしは純情だ!しかしそんな中でもよかったのは、縮小ヤプーの決闘の場面。トントン相撲を思い起こさせる、小箱での死闘。戦隊モノを量産しておられたせいか、対決場面は切れがあって、見応え充分。劇中劇、というわずかな頁なのだけれど、ヤプーの世界を集約したような、甘美な隷属、女神賛美の印象的な場面であった。首がごろん、のシーンはちょっと胸が詰まる感じさえして、此処は読み返したよ。

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

石ノ森章太郎

本名・小野寺章太郎。1938年宮城県生まれ。高校在学中に「漫画少年」に『二級天使』を連載しデビュー。以後次々とヒット作を発表。日本漫画家協会賞大賞、同文部大臣賞、手塚治虫文化賞特別賞など各賞を受賞。98年1月没

プロフィール詳細へ

コミック に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品