究極のがん治療 高活性化NK細胞で狙い撃つ

甲陽平

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784344971097
ISBN 10 : 4344971094
フォーマット
発行年月
2014年12月
日本
追加情報
:
205p;19

内容詳細

"治療実績5000例以上。
副作用がなく、がんの種類も選ばない免疫細胞療法。
自分の病態に合わせて選べる、これからのがん治療

日本人のもっとも多い死因である「がん」。
「外科手術」「抗がん剤」「放射線」の三大療法を中心とした治療において、
5年生存率はにわかに増加したものの、全体の死亡数は依然と増加を続けています。
そこには「三大療法の限界」があるのです。
そこで近年注目を集めているのが「免疫細胞療法」です。
患者さん自身の細胞を培養することで免疫力を上げ、がんを殺傷する治療法です。
自身の細胞を使うため、副作用がなく、体への負担も少なく、
他の治療法との併用も可能な「第四のがん治療」として期待されています。
本書では、免疫細胞療法の中でも最新かつ、がんへの高い攻撃力を期待されている
「高活性化NK細胞療法」と複合免疫療法を中心に、これからの新しいがん治療とその効果について紹介していきます。


著者について

甲 陽平(かぶと・ようへい)
医療法人輝鳳会 理事長 池袋クリニック 院長
1997年、京都府立医科大学医学部卒業。2010年、池袋がんクリニック(現 池袋クリニック)開院。
「あきらめないがん治療」をテーマに、NK細胞に特化した高度な免疫細胞療法と、東洋医学の自律神経免疫療法を組み合わせた、最先端の複合がん治療を行う。
池袋クリニックをはじめ、横浜クリニック、新大阪NKクリニック、岡山NKクリニックの4院を擁し、標準治療では治療が難しい患者に対して、
高活性化NK細胞療法を中心にした治療を行い、その実績は5,000例を超える。 "

【著者紹介】
甲陽平 : 医療法人輝鳳会理事長、池袋クリニック院長。1997年、京都府立医科大学医学部卒業。東京女子医科大学病院日本心臓血圧研究所循環器外科入局。山梨県立中央病院、NTT東日本関東病院勤務を経て、2010年、池袋がんクリニック(現 池袋クリニック)開院。「あきらめないがん治療」をテーマに、NK細胞に特化した高度な免疫細胞療法と、東洋医学の自律神経免疫療法を組み合わせた・最先端の複合がん治療を行う。2014年、がん治療を専門に行う医療法人輝鳳会の理事長に就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

甲陽平

医療法人輝鳳会理事長、池袋クリニック院長。1997年、京都府立医科大学医学部卒業。東京女子医科大学病院日本心臓血圧研究所循環器外科入局。山梨県立中央病院、NTT東日本関東病院勤務を経て、2010年、池袋がんクリニック(現 池袋クリニック)開院。「あきらめないがん治療」をテーマに、NK細胞に特化した高

プロフィール詳細へ

物理・科学・医学 に関連する商品情報

  • 「ざんねんないきもの事典」第3弾 「ざんねんないきもの事典シリーズ」第3弾が発売! HMV&BOOKS online|2018年5月30日(水)
  • 【訃報】スティーヴン・ホーキング博士 「車いすの天才物理学者」として知られ、独創的な宇宙論を発表しつづけた英国のスティーブン・ホーキング博士が亡くなりました。 HMV&BOOKS online|2018年3月14日(水)
  • イヤーノート2019&クエスチョン・バンクシリーズ 総合内科専門医試験対策に、イヤーノート最新版とクエスチョン・バンクの総合内科専門医試験予想問題集。 HMV&BOOKS online|2018年3月13日(火)
  • NHKスペシャル 人体 神秘の巨大ネットワーク 第1巻 科学者たちは語る。「人体の真の姿は、巨大なネットワークだ」いま、医学の世界で起きている大転換。最新科学が明らかにした、驚くべき人体の新たな姿に迫る。 HMV&BOOKS online|2018年1月16日(火)
  • 【11/19放送情熱大陸】落合陽一 大反響!メディア・アートの「魔法使い」こと、科学者・落合陽一に密着。父はあの国際ジャーナリスト、落合信彦。父親とはまったく分野の違う道で活躍しながら、親譲りの文章力と説得力で読者を魅了! HMV&BOOKS online|2017年11月20日(月)
  • CRISPR-究極の遺伝子編集技術の発見 CRISPR-Cas9という遺伝子編集の画期的な新技術、共同開発した遺伝学者ジェニファー・ダウドナの手記。もはやSFの世界の話ではなくなった「デザイナー・ベビー」をも可能にする「ゲノム編集」ツール、CRISPR(クリスパー)Cas9とは…。 HMV&BOOKS online|2017年10月5日(木)

おすすめの商品