東京駅「100年のナゾ」を歩く 図で愉しむ「迷宮」の魅力 中公新書ラクレ

田村圭介

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784121505149
ISBN 10 : 412150514X
フォーマット
出版社
発行年月
2014年12月
日本
追加情報
:
221p;18

内容詳細

江藤尚志氏(東京駅駅長)推せん! 「駅長の私も驚きました!
この一冊で“東京駅博士"に」
赤レンガ、地下街、高層ビル…進化し続け100周年を迎えた東京駅。
その複雑な構造を1分間で理解する暗号「川田十」とは?
ビジュアルを使って、ディープな内側を紙上体験!
「最適な待ち合わせ場所」「抜け道・寄り道・迷い道」「近未来予測」など、
目からウロコのお役立ち情報満載。カラー写真多数。

はじめに――東京駅の「7不思議」
1章 迷ってしまうあなたに、東京駅を10秒で分かる方法
2章 波打ちぎわの東京駅――丸の内は、なぜシカク?
3章 日本国をしょった東京駅――中央駅は「日本一」じゃない!?
4章 古くて新しい東京駅――コピペのコピペの赤レンガ
5章 近くて遠い東京駅――プラットホーム群に「抜け道」あり
6章 高くて低い東京駅――250メートルも離れた「双子」のタワー
終章 未完の東京駅プロジェクト

【著者紹介】
田村圭介 : 一級建築士。昭和女子大学生活科学部環境デザイン学科准教授。1970年東京生まれ。95年早稲田大学大学院理工学研究科建設工学(建築)修了。98年ベルラーヘ・インスティチュート・アムステルダム修了。98〜99年UN Studio勤務。99〜2002年FOAジャパン勤務時に横浜港大さん橋国際客船ターミナル(02年)の設計・監理を担当した。専門は建築計画・意匠(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

田村圭介

複雑なターミナル駅の空間の構造とその成り立ちについて研究している。渋谷駅、東京駅、新宿駅を模型にするとともに書籍にまとめてきた。建築設計事務所に勤務したのち、現在、昭和女子大学環境デザイン学科建築・インテリアデザインコース准教授。一級建築士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです

プロフィール詳細へ

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品