電力改革と脱原発

熊本一規

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784846114206
ISBN 10 : 4846114201
フォーマット
出版社
発行年月
2014年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
195p;20

内容詳細

再稼働は不要だ。失格電源の原発は電力改革で淘汰されていく!放射能汚染拡散策も電力改革で不可能に!政府のまやかしの論理を理論的・実証的に論破し、脱原発・脱汚染こそが未来のエネルギー・環境政策の基本であることを立証する。

目次 : 第1章 エネルギー基本計画を批判する(原発は「重要なベースロード電源」/ ベースロード電源とベストミックス論/ 「原発の電気は安い」は誤りである/ 核燃料サイクルは不経済)/ 第2章 電力システム改革とは何か(名ばかりの電力自由化/ 「名ばかりの電力自由化」から電力システム改革へ)/ 第3章 電力システム改革は脱原発を促進する(電力システム改革と原発の新増設/ 電力システム改革と原発の再稼働/ 電力システム改革に伴う原子力損害賠償制度の大転換)/ 第4章 放射能汚染の拡散と脱汚染(がれき広域処理による放射能の拡散/ 「放射性物質により汚染された廃棄物」の処理制度/ 特定廃棄物の処理による放射能拡散/ 不法投棄による放射能拡散/ リサイクルによる放射能拡散/ 環境法改正は放射能汚染を防げない/ 脱汚染の道筋)

【著者紹介】
熊本一規 : 1949年佐賀県小城町に生まれる。1973年東京大学工学部都市工学科卒業。1980年東京大学工系大学院博士課程修了(工学博士)。和光大学講師、横浜国立大学講師、カナダ・ヨーク大学客員研究員などを経て、明治学院大学教授。1976年以来、各地の埋立・ダム・原発等で漁民をサポートしている。専攻は環境経済・環境政策・環境法規(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品