この商品に関連するタグ

リバース 講談社文庫

湊かなえ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062935869
ISBN 10 : 4062935864
フォーマット
出版社
発行年月
2017年03月
日本
追加情報
:
352p;15

内容詳細

深瀬和久は平凡なサラリーマン。唯一の趣味は、美味しいコーヒーを淹れる事だ。そんな深瀬が自宅以外でリラックスできる場所といえば、自宅近所にあるクローバーコーヒーだった。ある日、深瀬はそこで、越智美穂子という女性と出会う。その後何度か店で会ううちに、付き合うようになる。淡々とした日々が急に華やぎはじめ、未来のことも考え始めた矢先、美穂子にある告発文が届く。そこには「深瀬和久は人殺しだ」と書かれていた――。何のことかと詰め寄る美穂子。深瀬には、人には隠していたある”闇”があった。それをついに明かさねばならない時が来てしまったのかと、懊悩する。 『夜行観覧車』、『Nのために』のスタッフが結集し、『リバース』も2017年4月、ドラマ化! 主人公の深瀬和久には藤原竜也さん。 恋人役には戸田恵梨香さん。 深瀬の親友、広沢由樹には小池徹平さん。 深瀬の大学時代のゼミ仲間には市原隼人さん、玉森裕太さん、三浦貴大さん。 そしてドラマだけの登場人物、村井の妹には門脇麦さん。 今をときめく役者陣がおくる、ヒューマンミステリーです。 小説とドラマ。 それぞれ、違った味わいをもった作品となっています! ぜひ、双方を存分にご堪能下さい。

【著者紹介】
湊かなえ : 1973年広島県生まれ。2007年第29回小説推理新人賞を「聖職者」で受賞。’08年、受賞作が収録された『告白』を刊行。同作で週刊文春’08年ミステリーベスト10の第1位、’09年に第6回本屋大賞を受賞する。’12年、「望郷、海の星」で第65回日本推理作家協会賞短編部門を受賞。’16年には『ユートピア』で第29回山本周五郎賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
  • イチロー さん

    【読後評価:4.5】また湊かなえかと言われそうですが、来週金曜日からTBSでドラマ化されます。ミステリーファンとして「一人称で書かれたもので主人公が真犯人だった」という結末は、読者への公正・公平主義からすると極めて難しいプロットを作り上げなければならないという面で、作者泣かせだろうと思います。これを綺麗にクリアしていて感心しました。お奨めです。

  • ノンレノン さん

     実は、単行本が出たとき、買おうか迷った本である。今回、ドラマ化のニューズを聞き、文庫本になったのを知り、即購入。

     ストーリは意外と単純。大学の仲間の一人が転落事故を起こし亡くなり、その後、関係者に「お前は人殺しだ」という手紙が届く。いったい誰が、なぜ?この疑問を一緒にいた仲間の一人が解いていく、という感じ。
     この作者のミステリーにしては、ドロドロしい感じや気分が悪くなる感じは薄い。それでも、亡くなった友達の本当の姿が少しずつ明らかになっていく様の描き方は、引き付ける。
     そして、最後の結末には、やはり驚かされた。なるほど、伏線は多々あったなあ、と思わせるが、まったくもって気付かなかった。
     
     最後に余計な心配というかつらさというか・・・。「えっ、これを知ったあの人は、どう生きていくの?」・・・。

  • Yukio Wakui さん

    単行本になり、4月より「ドラマ化」ということで、放映される前に購入。
    作者始めての男性が主役。
    平凡なサラリーマン深瀬に「人殺し」の手紙。
    思い出すことと言えば、学生時代ゼミの仲間といったドライブ。
    嵐の中、遅れてきた仲間を迎えに行った広沢は転落死した。
    なぜ、今になって・・・
    深瀬はその手紙の犯人を捜すためではなく、親友広沢はどんな奴であったか探求する。
    感想としては「Nのために」とTouchが似ているかなとの印象。
    すっきりさせない読後感は流石イヤミスのトップランナー。
    しかし今回の展開はなんとなくわかってしまったかなぁ〜
    ドラマのキャスティングを見てもかなり内容は違うようなので
    期待しましょうか。

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

湊かなえ

1973年広島県生まれ。2007年第29回小説推理新人賞を「聖職者」で受賞。’08年、受賞作が収録された『告白』を刊行。同作で週刊文春’08年ミステリーベスト10の第1位、’09年に第6回本屋大賞を受賞する。’12年、「望郷、海の星」で第65回日本推理作家協会賞短編部門を受賞。’16年には『ユートピ

プロフィール詳細へ

湊かなえに関連する商品・チケット情報

  • 湊かなえ、圧巻の傑作集 中学生の頃から、母親が原因の頭痛に悩まされてきた女優の藤吉弓香の元に「毒親」をテーマにしたトーク番組への出演依頼が届く。呆然、驚愕、爽快、感動――さまざまに感情を揺さぶられる圧巻の短編集。 ローチケHMV|2016年5月23日(月)
  • 善意は悪意よりも恐ろしい─湊かなえの新作 足の不自由な小学生久美香と、親友の彩也子の友情を契機に、ママ友らにより車椅子の基金「クララの翼」が設立される。だが些細なことから連帯が軋みだす。湊かなえの心理ミステリ『ユートピア』。 ローチケHMV|2015年11月6日(金)

文芸 に関連する商品・チケット情報

  • 8/18公開『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』 岩井俊二の原作映画を、『モテキ』の大根仁が脚本、『物語』シリーズなどの新房昭之が総監督を務め、アニメ化した『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』8月公開。 ローチケHMV|2日前
  • 第157回 芥川賞・直木賞候補作発表 第157回芥川賞と直木賞の候補作が6/20発表されました!芥川賞候補には2度目のノミネートとなった今村夏子氏ほか全4作、直木賞候補には、4度目のノミネートの柚木麻子氏ほか全5作品。 ローチケHMV|2日前
  • 佐藤健・土屋太鳳主演で映画化『8年越しの花嫁 奇跡の実話』12/16日(土)公開 結婚式を3ヵ月後に控えた尚志と麻衣。幸せな二人を襲ったのは、麻衣の原因不明の病だった―。誰も見たことがない愛の形に涙する。 ローチケHMV|2017年6月15日(木)
  • 【特集】 おすすめ文庫 持ち歩きにも邪魔にならず、家でごろ〜んとリラックスして開くにもぴったりの文庫本。映像化作品や、いま話題の作品など、おすすめの文庫をご紹介します。 ローチケHMV|2017年6月9日(金)
  • 【集英社文庫】創刊40周年記念 クロニクルフェア 集英社文庫創刊40周年を記念して過去40年間で刊行された文庫約6,000点から、 新キャラクター「よまにゃ」が名作を厳選してご紹介! ローチケHMV|2017年6月8日(木)
  • 柴田元幸責任編集『MONKEY』 6月発売最新号のテーマは「翻訳」。村上春樹と柴田元幸によるスペシャル対談、小沢健二の寄稿「日本語と英語のあいだで」にも注目。 ローチケHMV|2017年6月8日(木)

おすすめの商品