渡辺香津美 / マンハッタン ブレイズ

人物・団体ページへ

CD

Village In Bubbles

渡辺香津美 / マンハッタン ブレイズ

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
COCB53295
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

Kazumi Watanabe 渡辺香津美 (el g, ac g)
Yoshiaki Masuo (el g)
Mickey Tucker (ac p, Fender rhodes, ELEPIAN)
Alex Blake (el b, ac b)
Idris Muhammad (ds)
Ray Mantilla (perc)
No-Bu (perc)
Joe Chambers (vib, cowbell)
Horn section: Jon Faddis (tp), Earl Gardner (tp), Frank Gordon (tp), Virgil Jones (tp), Greg Williams (French horn), Earl McKintyre (tb), Janice Robinson, (tb), Ron Bridgewater (ts), Frank Strozier (as, fl)
Strings section: String Reunion, Inc.
Recorded at Sound Ideas Studio, NYC, Aug 22-29, 1978

内容詳細

2004年発売のBOXセットに特典として付いていた作品。本作はそれまでCD化されなかったこともあり、同セットの目玉でもあった。渡辺とNYのトップ奏者たちとの共演作で、70年代フュージョンの熱い息吹き漲る演奏。渡辺の若々しいギターの表情が今聴くと新鮮だ。(敏)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
78年香津美24歳の時の作品。「MERMAID ...

投稿日:2013/08/03 (土)

78年香津美24歳の時の作品。「MERMAID BOULEVARD」、「LONESOME CAT」と傑作を発表し続けていた時期である。発売当時はストリングスをフューチャーした作品で少し違和感があったが、今改めて聴くと音を詰め過ぎている曲もあるが、プレイに曲作りに香津美らしさ溢れる作品といえる。 この頃のいろんなジャンル、アーティストとの共演意欲がこの後の、「KYLYN」という傑作につながっていったのだろう。 再発にあたっての解説に間違いが多く、1曲目の使用ギターをアレンビックとあるが実際はイバニーズ(今のアイバニーズ)、2曲目のサックスソロはロン・ブリッジウォーターではなくフランク・ストロウジャー、3曲目の1STギターソロを増尾良秋、2NDを香津美とあるが実は1STソロが香津美で2NDが増尾である。

Handclap さん | 宮城県 | 不明

0
★
★
★
★
★
渡辺香津美の異色作?まあ、他にもいろいろ...

投稿日:2007/11/23 (金)

渡辺香津美の異色作?まあ、他にもいろいろ変わったものがあるようだが。サルサというかラテンというか風変わりなリズムをバックにユニークな演奏が揃っているが、不思議なトリップ感覚が心地よい。ラストの曲は、帰国してそぼふる雨の東京を車窓から憂鬱に眺めている、といった感じの繊細で美しい演奏。たまらない。

NOBO さん | 東京都町田市 | 不明

0

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品