この商品に関連するタグ

もっと見る +

世界からボクが消えたなら 映画「世界から猫が消えたなら」キャベツの物語 小学館ジュニア文庫

涌井学

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784092308619
ISBN 10 : 4092308612
フォーマット
出版社
発行年月
2016年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
206p;18

内容詳細

余命わずかと宣告されたご主人さまは、突然あらわれた自分と同じ姿をした悪魔と取引をした。「この世界からモノを一つ消す。そのかわりに、キミの命を一日ぶんだけのばす」と。電話、映画、時計…。モノが消えていくたびに、ご主人さまと結びついていた人の記憶までが失われていくようだ。そして悪魔は、世界から猫を消すと提案する。ボクのことなんて消したっていいんだよ、ご主人さま。映画『世界から猫が消えたなら』を飼い猫・キャベツの視点で描いた感動の物語。

【著者紹介】
涌井学 : 1976年神奈川県生まれ。主なノベライズに『映画 謎解きはディナーのあとで』『小説 Sエス―最後の警官』『岳‐ガク‐』『ALWAYS三丁目の夕日’64』などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

涌井学

1976年神奈川県生まれ。映像作品やコミックのノベライズを数多く手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品・チケット情報

  • 東野圭吾「マスカレード・ナイト」 あのホテルウーマンと刑事のコンビ、再び―東野圭吾「マスカレード」シリーズ最新作9/15発売! ローチケHMV|3日前
  • ことばの恐竜 最果タヒ対談集 気鋭の詩人・最果タヒが、松本隆、大森靖子、二階堂ふみ、石黒正数など、詩、短歌、音楽、演劇、マンガ…ジャンルを超えて「ことば」について語り合う初の対談集。 ローチケHMV|3日前
  • 中村文則「R帝国」 「教団X」の衝撃、再び! 全体主義の恐怖を描いた傑作。 ローチケHMV|3日前
  • 柚木麻子「さらさら流る」 直木賞候補作「BUTTER」でも人気と注目を集める、気鋭の作家柚木麻子新刊。リベンジ・ポルノを題材に、人と触れ合うこと、心のふれあいとは何かを主人公を通して魂の再生を問う感動長編。 ローチケHMV|3日前
  • そにしけんじ 「猫だからね」 シリーズ50万部突破!猫「ピッチャー」のそにしけんじによる、猫マンガの決定版! 猫作家、猫忍者、猫ドクター、猫先生、猫西遊記、猫シェフ……“各界"の猫たちが人間相手に繰り広げる、可愛すぎる「猫あるある」。 ローチケHMV|2017年8月3日(木)
  • 8/31(木)まで!夏の文庫フェア 文庫3冊で+50ポイント 8/31(木)まで!対象商品の文庫タイトルを3冊お買い上げいただくとPontaポイント+50ポイントプレゼント!買い逃し&読み逃した作品や好きな作家の文庫本をまとめ買いしてポイントをゲットしよう! ローチケHMV|2017年8月3日(木)

おすすめの商品