赤毛侍幻九郎 コスミック・時代文庫

沖田正午

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784774727998
ISBN 10 : 4774727997
フォーマット
出版社
発行年月
2015年01月
日本
追加情報
:
275p;15

内容詳細

ある秋の日暮れ、北町奉行・宗岡安芸守景勝の私邸前に立ち尽くす若侍。肌は雪のように白く、うしろに垂らす馬の尻尾のような赤い髪。彫りの深い端整な顔に、青い光を放つ双眸。異相の男が門番に名乗った。「拙者、宗岡景九郎と申しまする…」じつは景九郎は、景勝が長崎奉行時代に阿蘭陀商館の娘との間にもうけたご落胤。だが、父と名乗れぬ景勝に門前払いを食ったうえ、名を語ることも禁じられた景九郎は、途方に暮れて転がり込んだ小柳町の旅篭大倉屋に「赤尾幻九郎」と名を変えて逗留することになった。父子と口には出来ぬが、いつでも対面がかなうよう、奉行所の悪党退治の助太刀を命じられた幻九郎。赤毛侍の活躍が始まった!

【著者紹介】
沖田正午 : 1949年、現さいたま市中央区生まれ。県立与野高校卒。軽妙洒脱で温かみのある、「沖田節」ともいえる独特な筆致がファンを魅了している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

沖田正午

現さいたま市生まれ。「沖田節」ともいえる、人を見る目の暖かさと軽妙な筆づかいがファンを惹きつけている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品