この商品に関連するタグ

もっと見る +

総合ランキング: 95位 / 文芸ランキング 1位

アキラとあきら 徳間文庫

池井戸潤

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784198942304
ISBN 10 : 4198942307
フォーマット
出版社
発行年月
2017年05月
日本
追加情報
:
713p;15

内容詳細

零細工場の息子・山崎瑛(あきら)と大手海運会社東海郵船の御曹司・階堂彬(かいどうあきら)。生まれも育ちも違うふたりは、互いに宿命を背負い、自らの運命に抗(あらが)って生きてきた。やがてふたりが出会い、それぞれの人生が交差したとき、かつてない過酷な試練が降りかかる。逆境に立ち向かうふたりのアキラの、人生を賭した戦いが始まった――。いきなり文庫で登場!

【著者紹介】
池井戸潤 : 1963年岐阜県生まれ。慶應義塾大学卒。『果つる底なき』で江戸川乱歩賞を受賞、作家デビュー。『鉄の骨』で吉川英治文学新人賞を、『下町ロケット』で直木賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
  • Yukio Wakui さん

    文庫新刊、WOWWOWで同時ドラマ化。池井戸潤「陸王」からの新刊です。
    さすが池井戸潤「ハズレなし」毎回同じパターンで、わかっていますが、気分爽快にしてくれます。
    (毎回同じコメントしている・・・)
    主人公は社長の息子に育つ2人しかし境遇まはまったく違う、零細企業で倒産し苦労して育ったあきら(斎藤工)、大手海運業のおぼっちゃま育ちのアキラ(向井理)のそれぞれの幼少時から始まり
    二人は同じ産業中央銀行に入行する。まったく違う2人にはどうやって運命を乗り越えるのか
    今回も銀行ストーリーです。700ページの大作ですがいつも通りの一気読みです。
    ちょっと時代がバブル時期もあり、あれっと思いましたが、新刊でしたが原作は10年ぐらい前に連載されているようです。

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

池井戸潤

1963年岐阜県生まれ。慶應義塾大学卒。『果つる底なき』で江戸川乱歩賞を受賞、作家デビュー。『鉄の骨』で吉川英治文学新人賞を、『下町ロケット』で直木賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

池井戸潤に関連する商品・チケット情報

  • やられたら倍返し!ヒット作が文庫版で登場 子会社に飛ばされた主人公は、親会社から受けた圧力や嫌がらせに対して知恵と勇気で倍返し。ドラマ化された原作が手ごろな価格の文庫版で登場!週末、連休に楽しみたい池井戸潤の『ロスジェネの逆襲』。 ローチケHMV|2015年9月3日(木)
  • TBS系日曜劇場でドラマ化!池井戸潤「下町ロケット」 直木賞受賞作「下町ロケット」のドラマ放送が10月からスタート。主人公・佃航平を演じるのは阿部寛、主人公の娘役は土屋太鳳。最先端特許を取得した町工場で働く男たちの情熱と宇宙への夢を紡ぐ物語。 ローチケHMV|2015年8月19日(水)

文芸 に関連する商品・チケット情報

  • ボクたちはみんな大人になれなかった 井重里、大根仁、小沢一敬、堀江貴文、会田誠、樋口毅宏、二村ヒトシ、せつな痛さに悶絶!web連載中からアクセス殺到の異色ラブストーリー、待望の書籍化。 ローチケHMV|2日前
  • タモリの紀行バラエティー番組”ブラタモリ” 旅が何倍も楽しくなる!最新刊は「京都(嵐山・伏見)志摩伊勢(伊勢神宮・お伊勢参り)」の7刊、「横浜 横須賀 会津 会津磐梯山 高尾山」を取り上げる8刊同時発売。 ローチケHMV|3日前
  • 8/18公開『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』 岩井俊二の原作映画を、『モテキ』の大根仁が脚本、『物語』シリーズなどの新房昭之が総監督を務め、アニメ化した『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』8月公開。 ローチケHMV|7日前
  • 第157回 芥川賞・直木賞候補作発表 第157回芥川賞と直木賞の候補作が6/20発表されました!芥川賞候補には2度目のノミネートとなった今村夏子氏ほか全4作、直木賞候補には、4度目のノミネートの柚木麻子氏ほか全5作品。 ローチケHMV|7日前
  • 佐藤健・土屋太鳳主演で映画化『8年越しの花嫁 奇跡の実話』12/16日(土)公開 結婚式を3ヵ月後に控えた尚志と麻衣。幸せな二人を襲ったのは、麻衣の原因不明の病だった―。誰も見たことがない愛の形に涙する。 ローチケHMV|2017年6月15日(木)
  • 【特集】 おすすめ文庫 持ち歩きにも邪魔にならず、家でごろ〜んとリラックスして開くにもぴったりの文庫本。映像化作品や、いま話題の作品など、おすすめの文庫をご紹介します。 ローチケHMV|2017年6月9日(金)

おすすめの商品