戦争報道論 平和をめざすメディアリテラシー

永井浩

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784750341163
ISBN 10 : 4750341169
フォーマット
出版社
発行年月
2014年12月
日本
追加情報
:
655p;20

内容詳細

戦後70年―メディアは戦争をどう伝えてきたか、どう伝えていくか。毎日新聞記者、市民メディア編集者として、アジアでの日本の戦争責任・対テロ戦争・自衛隊派兵などの報道にかかわってきた著者が、戦争と平和に向き合う、民衆のための新たなジャーナリズムを追究する。

目次 : 第1章 真実へのテロをゆるすな/ 第2章 地球市民メディアの台頭/ 第3章 自衛隊派兵へのきびしい目/ 第4章 原点としての日本の戦争と「アジア」/ 第5章 ベトナム戦争報道の栄光と挫折と遺産/ 第6章 国境を超えて戦争体験を語り広げる

【著者紹介】
永井浩 : 1941年、東京生まれ。東京外国語大学ロシア科を卒業後、毎日新聞に入社。バンコク特派員、外信部編集委員などをへて神田外語大学教授。現在は同大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

永井浩

1941年、東京生まれ。東京外国語大学ロシア科を卒業後、毎日新聞に入社。バンコク特派員、外信部編集委員などをへて神田外語大学教授。同大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品