CD

Green In Blue

永井健二郎

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
CADE0024
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

プログレッシヴフュージョンバンド「TRAFFIC INFORMTION」のリーダーとして活躍中の
テクニカル系ベーシスト永井健二郎、待望のファースト・ソロ・アルバム!
本作では代名詞の超多弦に加えてTune製30インチ5弦ピッコロベースが大活躍


【アルバム紹介】
ベーシストとしては異例の二ヶ月連続CDリリースとなる本作は永井健二郎自身初となるソロアルバムとしてのリリース。8月にリリースしたOct Bassでは8弦ベースのみを使ってレコーディングをする、というコンセプトであったが、本作ではアルバムタイトルにある緑と青のベースのみを使っての録音にチャレンジ。特に日本を代表するベースブランドTune社にオーダーをした青と緑の30インチのピッコロベースが大活躍! ちなみに本作で聞けるギターのような音は全てこのピッコロベースで弾いております。よりギターの領域を侵食! 当然、永井の代名詞である超多弦ベースも大活躍ではあるが、Oct Bassとのサウンドの違いを出すために5弦ベースや4弦ベースも使用。様々なベースサウンドを楽しむことが出来ることと思います。レコーディングのメンバーには我がバンドTRAFFIC INFORMATIONよりピアノ&キーボードの阿部篤志、ドラムの吉田太郎、とバンドのメンバーを招聘しているが、サウンドはバンドでのサウンドとは異なるものに仕上がっている。時にジャジーに、時にロマンチックに、新たなる境地へ挑む意欲作!!(販売元情報)

【メンバー】
永井健二郎(8弦Bass)
阿部篤志(P&Key)
吉田太郎(Dr)

【永井健二郎プロフィール】
1974年生まれ 大阪府出身。15歳からギターを始め、18歳の時ベーシストに転向。19歳の時東京コンセルヴァトアール尚美に入学。ジャズ理論、アドリブ、コントラバスなどを学ぶ。在学中よりフレットレスベーシスト・永井敏己氏に師事すると共にライブ活動や セッションを開始。現在イキモノガカリ、NAOTO、安寿ミラ、紫倉麻里子、高野千恵らのレコーディングやライブサポート、ミュージカルやオペラなど広範囲に渡り活動するかたわら、プログレッシブ・フュージョン・バンド「TRAFFIC INFORMATION」のリーダーとしてプロデュース、作曲、ライブ活動など多方面で活躍中。2009年8月同バンドにてユニバーサルミュージックよりCDデビュー。2012年同バンドにてセカンドアルバム及びファーストDVDをリリース。又、自己のセッションライブ、6弦ベースや8弦ベースなどのマルチストリングスベースを始めフレットレスベース、ピッコロベース、バリトンギター、スティックを駆使してのソロ活動も並行して行う。後進の指導にも積極的にあたり、自宅レッスンや東京ミュージック&メディアアーツ尚美、音楽教室「Skyward Music School」にて講師としても働く。ベースの可能性とエレクトリックベーシストの地位向上を目指して日々精進中!(販売元情報)

内容詳細

プログレッシヴ・フュージョン・バンド、TRAFFIC INFORMATIONのリーダーとして活躍中のベーシスト、永井健二郎。ソロ・アルバム第2弾としてリリースされた本作はTune製30インチ5弦ピッコロベースを使用し、幅広い音域でテクニカルなプレイを存分に披露している。(宗)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. Swing Out
  • 02. Moscow Sky
  • 03. Brazilian Kick
  • 04. Dread Hair
  • 05. Green in Blue
  • 06. Home Bass
  • 07. Featherhead
  • 08. My Hero
  • 09. Lovely Ones
  • 10. Rain

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

フュージョン に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品