この商品に関連するタグ

もっと見る +

がんばらない介護

橋中今日子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784478101711
ISBN 10 : 447810171X
フォーマット
発行年月
2017年03月
日本
追加情報
:
19

内容詳細

だいじょうぶ。もっとラクなやり方、ありますよ。介護の心を軽くする36のコツ。

目次 : 第1章 「1人でがんばらなくていいんですよ」―介護保険制度やサービスを使いこなす方法(「どこに相談すればいいの?」迷ったら“介護のよろず相談所”地域包括支援センターへ/ 「制度が複雑でわからない…」介護のことは自分で勉強せず、専門家に聞くのが早い ほか)/ 第2章 「仕事を辞める必要はないんですよ」―介護と仕事を両立させる方法(「介護の大変さ、わかってほしい」1人で抱え込まず、愚痴や弱音を吐ける相手や場所をつくる/ 「特別扱いはできないよ」介護休暇をフル活用し、有給休暇は自分のために使う ほか)/ 第3章 「家族だからって辛抱しなくていいんですよ」―家族間のトラブルを解決する方法(「あの親の介護をなぜ私が?」関係がよくない親なら、愛ある介護じゃなくていい/ 「私1人に押しつけないで!」きょうだいとは得意なことを分担、親戚はイイトコどりで ほか)/ 第4章 「息抜きの時間が一番大切なんですよ」―“介護うつ”にならない方法(「施設に行かせるのはかわいそう」親がいやがるのは最初だけ。介護サービスはどんどん利用する/ 「入浴や食事をゆっくりしたい!」介護の場から完全に離れて、自分の時間をつくる ほか)/ 第5章 「自分の人生を優先していいんですよ」―介護で人生をあきらめない方法(「たびたび帰省する時間がない」遠距離介護こそ、介護サービスをフル活用する/ 「私だけ幸せになっていいの?」介護を理由に、恋愛や結婚をあきらめてはいけない ほか)

【著者紹介】
橋中今日子 : 理学療法士。リハビリの専門家として病院に勤務するかたわら、認知症の祖母、重度身体障害の母、知的障害の弟の家族3人を21年間にわたって1人で介護する。仕事と介護の両立に悩み、介護疲れをきっかけに心理学やコーチングを学ぶ。自身の介護体験と理学療法士としての経験、心理学やコーチングの学びを生かして、介護と仕事の両立で悩む人、介護することに不安を感じている人に「がんばらない介護」を伝える活動を全国の市区町村で展開中。企業では、介護離職防止の研修も担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

橋中今日子

理学療法士。リハビリの専門家として病院に勤務するかたわら、認知症の祖母、重度身体障害の母、知的障害の弟の家族3人を21年間にわたって1人で介護する。仕事と介護の両立に悩み、介護疲れをきっかけに心理学やコーチングを学ぶ。自身の介護体験と理学療法士としての経験、心理学やコーチングの学びを生かして、介護と

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品