この商品に関連するタグ

もっと見る +

不抜の剣

植松三十里

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784908110047
ISBN 10 : 4908110042
フォーマット
発行年月
2016年04月
日本
追加情報
:
328p;20

内容詳細

越中の農民の子でありながら侍を志し、単身、江戸に出て、あらゆる武術と和漢の学問を修めた斎藤弥九郎は、剣術道場・練兵館を開き、文武両道の精神で桂小五郎をはじめ、多くの維新回天の逸材を育てた。いっぽう、盟友・江川太郎左衛門を補佐し、欧米列強の脅威の前に無策な幕府を叱咤しながら、江戸の海防政策の現場で闘った男でもあった。幕末維新という「激動」を、静かに、強力に、陰で支え続けた真のサムライの姿がここにある。幕末三大道場の一・練兵館創設者斎藤弥九郎の鮮烈な生涯を描く長編歴史小説。

【著者紹介】
植松三十里 : 静岡市出身。昭和52年、東京女子大学史学科卒業。出版社勤務、7年間の在米生活、建築都市デザイン事務所勤務などを経て、平成15年に『桑港(サンフランシスコ)にて』で歴史文学賞、21年に『群青 日本海軍の礎を築いた男』で第28回新田次郎文学賞、『彫残二人』(文庫化時に『命の版木』に改題)で第15回中山義秀文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

植松三十里

静岡市出身、東京女子大学史学科卒。婦人画報社勤務を経て平成15年、『桑港にて』で歴史文学賞、平成21年『群青 日本海軍の礎を築いた男』で新田次郎文学賞を受賞、同年『彫残二人』で中山義秀文学賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品・チケット情報

  • ジェーン・スーAERA人気連載書籍化 「未婚のプロ」から生活応援大使まで幅広くこなすスー・パイセンの、鋭い洞察力と軽妙痛快に「自分へのご褒美&投資」記録を綴ったスー・パイセンの新刊「今夜もカネで解決だ」。 ローチケHMV|3日前
  • 川口俊和「この嘘がばれないうちに」 愛する人を想う気持ちが生み出した、不器用でやさしい4つの「嘘」−45万部を突破した『コーヒーが冷めないうちに』の7年後を描く、期待の新刊。 ローチケHMV|3日前
  • 池井戸 潤「アキラとあきら」 いきなり文庫で登場! 2006年から2009年に徳間書店発行の月刊小説誌で連載されていた池井戸潤「「アキラとあきら」が書き下ろし文庫で5/31発売。 ローチケHMV|3日前
  • 又吉直樹、注目の第二作「劇場」 「新潮」4月号に掲載され話題を呼んだ「劇場」がついに5/11に発売決定! ローチケHMV|3日前
  • 湊かなえ 「リバース」 『夜行観覧車』、『Nのために』のスタッフが結集し、4月ドラマ化!湊かなえサスペンスワールド「リバース」。 ローチケHMV|2017年3月17日(金)
  • この爺ちゃん、ただものではない!? 大工の善吉爺ちゃん、大立ち回り!!昭和の香り漂うホームドラマミステリー。中山七里「秋山善吉工務店」 ローチケHMV|2017年3月17日(金)

おすすめの商品