試練が人を磨く 桑田真澄という生き方 扶桑社文庫

桑田真澄

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594054878
ISBN 10 : 4594054870
フォーマット
出版社
発行年月
2007年09月
日本
追加情報
:
16cm,256p

内容詳細

アメリカ・ピッツバーグ2007年8月14日、メジャーリーグ・パイレーツ球団を去ることになったその日、桑田は心境を書き上げた。「悔いのない1年だった」。2006年、巨人軍を退団し、年齢的にも、体力的にも、プロ野球選手としての限界を迎えていた桑田は、それでもメジャーリーグで投げる夢をあきらめなかった。マイナーからの挑戦、メジャー昇格を目前にして左足首じん帯断裂、あきらめることなく怪我を克服して、2007年6月10日遂にメジャー投手として夢を実現した。「試練が僕を強くした」という桑田の全告白。

目次 : 1 野球を通して自分を磨く(理想の感覚が戻った!/ その上に、プロセスがある/ 一〇年で、理想のピッチャーに ほか)/ 2 努力することに意味がある(「最高の道を下さい」/ 「キミは平然と嘘をついたね」/ プロのすごさに、圧倒された ほか)/ 3 野球と人生に懸ける想い(野球の勉強が好きだ/ “それが野球だ”と思う/ 目標は200勝 ほか)

【著者紹介】
桑田真澄 : 1968年4月1日、大阪生まれ。’86年PL学園高校卒業。PL時代は1年生からエースとして5季連続甲子園出場。2度の優勝と2度の準優勝を誇る。甲子園での20勝は戦後最多。6本塁打も史上2位の記録。’86年ドラフト1位で巨人入団。’87年に沢村賞獲得。’94年最多奪三振王になり、MVP獲得。’06年巨人退団。パイレーツとマイナー契約。’07年6月メジャーリーグ昇格。’07年8月パイレーツ退団(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

桑田真澄

1968年、大阪府生まれ。名門PL学園で1年からエースとして活躍。甲子園5季連続出場(優勝2回、準優勝2回)。86年、ドラフト1位で読売巨人軍入団。通算173勝を挙げる。2006年、米大リーグ挑戦のため21年間在籍した巨人軍を退団。2007年、ピッツバーグ・パイレーツでメジャー初登板。08年3月に現

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品