ほんとうに70代は面白い

桐島洋子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784759314144
ISBN 10 : 4759314148
フォーマット
出版社
発行年月
2014年12月
日本
追加情報
:
190p;19

内容詳細

聡明な女は素敵に老いる。70代、もう一働きします!自宅に「森羅塾」を開き、暮らしの知恵を伝え、人間関係を活性化する。ひとに会い、旅をし、スピリチュアルも極めたい。ポジティヴ・エイジングはやることがいっぱい!

目次 : 聡明な女は老いを楽しむ(再び家住期へ舵をきる/ 温かく濃密な人間模様を編み上げる ほか)/ エイジングとは熟成すること(ボランティアは自分のため/ 人生、引き算の仕合わせ ほか)/ 本物の贅沢(バンクーバーには、本物の贅沢がある/ バンクーバー一番の贅沢は? ほか)/ 自分の身体にありがとう(散歩の心得/ 減量への道 ほか)/ 足るを知る(生きているだけで面白い/ 足るを知る者 ほか)

【著者紹介】
桐島洋子 : 1937年東京生まれ。文藝春秋に9年間勤務の後、フリーのジャーナリストとして海外各地を放浪。70年に処女作『渚と澪と舵』で作家デビュー。72年『淋しいアメリカ人』で第3回大宅壮一ノンフィクション賞受賞。以来メディアの第一線で活躍するいっぽうで独身のまま3人の子どもを育てる。娘のかれん、ノエル、息子のローランドはそれぞれのジャンルで活躍中。50代から林住期(人生の収穫の秋)を宣言してカナダのバンクーバーに家を持ち、1年の3分の1はバンクーバーでの暮らしを楽しんでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

桐島洋子

1937年東京生まれ。文藝春秋に9年間勤務の後、フリーのジャーナリストとして海外各地を放浪。70年に処女作『渚と澪と舵』で作家デビュー。72年『淋しいアメリカ人』で第3回大宅壮一ノンフィクション賞受賞。以来メディアの第一線で活躍するいっぽうで独身のまま3人の子どもを育てる。娘のかれん(モデル)、ノエ

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品