CD

エーラ

松田美緒

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
RPOL10005
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

■"歌う旅人"としてグローバルな活動を続ける松田美緒。デビュー以来、大西洋音楽/ブラジル北東部/サンバカンソン/中南米諸国と名曲レパートリーを広げながら、足元にある日本の多様な原風景に気づき、祖谷〜伊王島〜小笠原〜ハワイ他に眠るニッポンの歌の記憶を掘りおこした前作『クレオール・ニッポン』(2014 アルテスパブリッシング)。
昨秋BS日テレでのドキュメンタリー番組放映、NHKラジオ「すっぴん!」出演、文藝春秋誌「日本を代表する女性120人」選出他で大きな話題を集めた。

■そんな到達点に辿りつきスケール豊かな視点を得たからこそ、松田美緒はクレオールの意味をさらに深化させ、改めて音楽キャリアのルーツでもある地中海や大西洋の港街〜ヨーロッパの古層に立ち戻った。エーゲ海、イオニア海、セファルディ、モルナ、ファド他松田美緒にしかできない構成力がここにある。情感あふれ成熟した歌声が、古代と現代をうたでリンクさせ新たな世界を幻視し、さらなる高みに登りつめた待望のアテネ、リスボン最新録音作。『エーラ』はギリシャ語「ελα」(come on)、ポルトガル語「ela」(she)を意味する。

■収録曲は地中海全域の歌が中心。エーゲ海サントリーニ島に伝わるメロディ(M1)、イオニア海レフカダ島の歌(M2)、カーボ・ベルデの音楽モルナ(M3)とサンティアゴ島の歌(M4)、ファド(M5)、セファルディ[スペイン/ポルトガル系ユダヤ人の音楽](M6)、セルフ・カヴァーのバルカン・ヴァージョン(M7)、クレタ島の別れの歌(M8)、故ヤドランカ(2016没)に捧げたカヴァーとマケドニアの歌(M9)など圧巻の内容。M3にはアナ・フィルミーノ、M10にはダニー・シルヴァが参加。

(メーカー・インフォメーションより)

内容詳細

ファドから始まり地中海、大西洋岸にまで広がりを見せる松田美緒の一枚。各地の音楽のなかにはおおらかで陽気なものもあれば、望郷を歌ったサウダージ的な歌もある。が、やはりファドから始まった音楽の旅の原点でもある、どこか哀しみを纏ったような歌表現が似合うような気がする。「気まぐれ」などは秀逸だ。★(渕)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

松田美緒に関連する商品・チケット情報

ブラジル に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品