わが青春に悔いなし 戦中・戦後を生きぬいた一医師の回想

松岡健一

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784860694210
ISBN 10 : 486069421X
フォーマット
出版社
発行年月
2015年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
205p;21

内容詳細

第二次世界大戦後の混乱と激動のなかで、社会に向き合い「良き医師」像を目指し走り抜けた医学生の青春記。
生まれて間もなく父を病気で失った著者は、旧制第六高等学校に進み、寮生活、陸上競技部と青春を謳歌する。時代は第二次世界大戦の末期、学徒動員で工場で広島の軍需工場で働き、生産労働と原爆という〈生き地獄〉を体験した。
戦後の食糧難と、南海大地震による被災で困窮生活を余儀なくされる。母親の献身的な支えもあり、
京都大学医学部へ進んだ著者は、社会医学研究会の活動に参加し、社会の現実から学ぶことの重要さを感じる。日本共産党に入党し、医学を学びながら医学連(全国医学生自治会連合会)結成にかかわり、初代医学連副委員長として中心的な役割を果たす。
しかし、ある事件をきっかけに京大を放学処分となり、いったんは医学の道をあきらめたが、ふるさと岡山へもどり再び医師の道を歩みはじめた。



著者について

松岡 健一
1927年岡山市生まれ。旧制第六高等学校から京都大学医学部、岡山大学医学部を経て水島協同病院の内科医師に。82年から同病院院長、93年院長を退任し名誉院長に。97年からソワニエ看護学校校長、2011年同校長退任。2012年から林財団顧問、岡山ひだまりの里病院非常勤医、新日本医師協会岡山県支部長。
この間、倉敷医師会理事、大気汚染公害認定委員、森永ヒ素ミルク中毒被害者救済財団「ひかり協会」理事会専門委員長・岡山県救済対策委員長、憲法9条を守る医師・歯科医師の会世話人、岡山反核医師の会世話人、NPO法人「朝日訴訟の会」副会長などを歴任。
著書に『医学とエンゲルス』(大月書店)。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品