この商品に関連するタグ

もっと見る +

難病の背景 オリーブ橋小脳萎縮症闘病記

松下良子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784939042898
ISBN 10 : 4939042898
フォーマット
発行年月
2013年03月
日本
追加情報
:
119p;19

内容詳細

病名不明の症状に苦しみ、理解のない医師の対応に悩まされながらも、難病として確定診断され、病状の進行に伴うさまざまな治療を体験するなかで、難病に対する理解や適確な治療法の確立を願い、難病とともに生きる患者の想い。

目次 : 第1章 病名不明(難病の発端/ 夢と希望が遠ざかる ほか)/ 第2章 確定診断(難病の診断名/ オリーブ橋小脳萎縮症とは ほか)/ 第3章 難病とともに(病気の進行/ 涙目とその改善策 ほか)/ 第4章 難病患者の想い(珍奇な体験/ 医師も十人十色 ほか)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

社会・政治 に関連する商品・チケット情報

  • 竹内オサム・西原麻里編著『マンガ文化 55のキーワード』 日本のマンガ文化について、メディアとしての歴史やジャンルの特徴、社会的問題、隣接領域との関係などを55のトピックにわけ、コンパクトに情報を凝縮して解説。それぞれのジャンルのプロが執筆に参加。マンガ研究の最新の成果も知ることができる1冊。 ローチケHMV|2016年3月9日(水)
  • 貧困世代 社会の監獄に閉じ込められた若者たち 2015年ベストセラーとなった『下流老人 一億総老後崩壊社会』の著者が、いまの若者たちに立ちはだかる「貧困世代(プア・ジェネレーション)」について書き尽くす。 ローチケHMV|2016年3月9日(水)
  • 堀江貴文 / 君はどこにでも行ける 日本人がアドバンテージをなくしていく中、どう生きるか、どう未来を描いていくか。刑務所出所後、世界28カ国58都市を訪れて。改めて考える日本と日本人のこれから。装画はヤマザキマリ。特別章として堀江貴文×ヤマザキマリ対談も収録。 ローチケHMV|2016年3月7日(月)
  • アクティブラーニングで学ぶジェンダー 身近にあるけれど気づきにくい“ジェンダー”。おもちゃ、物語、エイジング、精神疾患、デートDV、母娘関係、キャリア・デザイン、家事、結婚…様々なトピックスについて実習を通じて学べる1冊。 ローチケHMV|2016年3月7日(月)
  • 新・地政学 - 「第三次世界大戦」を読み解く 佐藤優×山内昌之共著「歴史学の泰斗」と「インテリジェンスの第一人者」が示す“羅針盤"。歴史分析・宗教・地政学から世界情勢を読み解く。 ローチケHMV|2016年3月7日(月)
  • 子の無い人生 期せずして子の無い人生を歩む著者が、ママ社会、世間の目、自身の老後から沖縄の墓事情まで、子がいないことで生じるあれこれを、負け犬レジェンド酒井順子が綴ります。 ローチケHMV|2016年3月4日(金)

おすすめの商品