インドよ!

東京スパイス番長

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784844376682
ISBN 10 : 4844376683
フォーマット
出版社
発行年月
2015年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
239p;19

内容詳細

インド料理研究のため、ややマニアックな目的を掲げ毎年インドを訪れる「東京スパイス番長」の4人組。メンバーのうち3人がインドの血を受け継ぎ、なかには高校時代をインドで過ごした者や、料理修業した者も。インドに対して独自の視点を持つ彼らが愛すべき素敵なインド≠88のエピソードで綴ります。 言葉を失うほどの美味なる料理、待ち受ける絶景、優しく愉快な人々に出会えるインド。数々のエピソードは笑いあり、涙あり。インドに興味がある人はもちろん興味がない人にも響く、まったく新しい極上の話が詰まっています。 ほか、町場の食堂から高級レストランまで番長お墨付きの《レストランガイド》では食べるべきもの・行くべきシチュエーションを伝授。スーツケースの中身を拝見した《旅の必需品》では4人それぞれの旅のスタイルがのぞけます。 さらに、4人がインド的にお答えるす《Q&A》や、ためになる《脚注》など、隅から隅まで楽しめる一冊です。

[著者紹介]
シャンカール・ノグチ、ナイル善己、メタ・バラッツ、水野仁輔によって、2008年に結成された日印混合料理集団。2010年より年に一度テーマを決めて「インド即興料理旅行」を決行。ある年は、乳製品をテーマにバッファローの乳を搾り、ベンガル料理がテーマとなればガンジス川の下流で魚釣り。最終日には現地のキッチンを拝借し、料理セッションが行われる。そんな旅の様子はメンバー、水野仁輔の自主レーベルから「チャローインディア」として毎年発行。共著に「東京スパイス番長のスパイスカレー」(主婦と生活社)。

【著者紹介】
シャンカール・ノグチ : 1973年、東京生まれ。アメリカ留学後、インド・パンジャーブ州出身の祖父が立ち上げた「インドアメリカン貿易商会」の3代目として、商品開発と輸入販売を手掛ける。「東京カリ〜番長」の貿易主任でもある。近年、「India Spice&Masala Company」のブランド名でオーガニックスパイスの販売をスタート

ナイル善己 : 1976年、東京生まれ。銀座の老舗インド料理店「ナイルレストラン」3代目。都内イタリア料理店を経てインドのゴア州に渡り、料理学校及び最高級ホテル「シダ・デ・ゴア」にて修業

メタ・バラッツ : 1984年、東京生まれ・鎌倉育ち。ニルギリの高校を卒業し、スイスにてケンブリッジ大学のALevelを獲得。スペインで経営学と料理を学び、帰国。「アナン株式会社」2代目として新商品開発などに携わり、グジャラート出身の父のもと、アーユルヴェーダを基礎にした料理を実践。旬野菜をテーマに「移動チャイ屋」を立ち上げ、出張料理を展開中。2011年の震災後「女川カレーProject」を始める。2014年、南青山にカレー屋兼スパイス屋「BHARAT!スパイスラボ」を開店

水野仁輔 : 1974年、静岡生まれ。小学校入学前から地元浜松のインドカレー専門店へ通う。上京して都内のインド料理店で基礎を学ぶ。大学卒業後、1999年に出張料理ユニット「東京カリー番長」を立ち上げ、調理師免許を取得して全国各地を行脚。自ら立ち上げた自主制作レーベル・イートミー出版からマニアックなインド料理本を出し続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品