この商品に関連するタグ

SHM-CD

ロドリーゴ:アランフェス協奏曲 村治佳織(ギター)(SHM-CD)

村治佳織

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
VICC70003
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
SHM-CD

商品説明

アランフェス協奏曲/村治佳織(ギター)(SHM-CD)

1.アランフェス協奏曲(ロドリーゴ)
2.ギターと弦楽のためのセレナード(アーノルド)
3.ギター協奏曲第1番ニ長調作品99
4.タンゴ・アン・スカイ〜ギターと弦楽合奏版〜(ディアンス)
 村治佳織(ギター)
 新日本フィルハーモニー交響楽団
 山下一史(指揮)
 録音:1999年12月28,29,30日、すみだトリフォニーホール

哀愁を帯びたメロディーで世界中の人々に愛されているロドリーゴの「アランフェス協奏曲」を中心とした、村治佳織初のコンチェルト集。大ヒット作「カヴァティーナ」に続き、ギタリスト村治佳織を決定づけた一枚。

内容詳細

CM出演などでクラシック演奏家としては異例の注目を集める村治佳織が、名曲中の名曲、「アランフェス」を収録。山下一史のサポートを得て、天才少女から本物のアーティストへと飛躍の1枚。(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
 1978年生まれの女性ギタリスト村治佳織は...

投稿日:2012/04/05 (木)

 1978年生まれの女性ギタリスト村治佳織は、美人だ。で、これがよくない。よくある巷の美男美女アーティストと同じような取扱いを受けかねないけれど、実際には幼くしてあのギター界の巨匠、福田進一に堂々師事。ブローウェルや武満徹、あるいは日本ではマイナーな南米音楽の名匠たちを臆せずに次々録音する彼の姿が、そのまま彼女のユニークなレパートリーにつながっていると思うと感慨深い。冒頭、いかにもキャッチーな通俗名曲として受け止められがちな「アランフェス協奏曲」だけれど、村治の演奏は低音を深く響かせた足取りの確かなもの。ロドリーゴ特有の鄙びたメランコリー、田園の暖かさが溢れかえったこの曲では、むしろその音のエッジが鋭すぎるかもしれない程。人口に膾炙し過ぎた一曲で、露骨なロマンチシズムに溺れることなく曲の古典的な輪郭を正確に伝える演奏には、この人なりの演奏家としての良心が存分に溢れているようで、非常に好ましく思う(作曲家本人との面会も、この名曲を一個人の音楽作品として捉えるだけの心構えを生んだのかれもしれない)。映画音楽の作曲家として有名なマルコム・アーノルドの小品は、独特のポピュラーさ、それとは対照的なねじくれまがった節回し、この二つの表情付けの鋭敏さに驚かされる。ラヴェルの「亡き王女のためのパヴァーヌ」の編曲者として知られるローラン・ディアンスの「タンゴ・エン・スカイ」でも、数多い音符を一音たりとも零すことなくどっしり腰を据えて弾いてくれる(そして、ここらでようやくショー・ピースの弾き手としての顔も見せてくれる)。美人ギタリスト、という安っぽい言葉の響きからは決して想像出来ない、素晴らしい演奏だ。  バックのオケは「アランフェス協奏曲」では鈍重かつ繊細さに欠けるが、アーノルドや続くカステルヌオーヴォ=テデスコにおいてはその重々しさがかえって曲の形式感をよく伝えているように思う。 イタリア生まれ、後に渡米して映画音楽の基礎を作ったとされるカステルヌオーヴォ=テデスコの作風は、シェイクスピアや旧約聖書に取材、あるいはギター・ソナタでボッケリーニを讃えるあたりから御想像通り(なんせ師匠がピツェッティにカゼッラなのだ)。第三楽章の「カヴァレスコ」とは、騎士のように、ぐらいの意味合いだろうか。重々しく誇らしげな行進には、はるか彼方ローマのマルタ宮殿に駐在する騎士たちが重ねあわされているのかもしれない。

Raise さん | 埼玉県 | 不明

0
★
★
★
★
★
表題曲は、マイルス・デイヴィズやMJQがジ...

投稿日:2011/06/21 (火)

表題曲は、マイルス・デイヴィズやMJQがジャズに編曲した第2楽章が有名。 ロマンティックなメロディーやオーケストラの盛り上がりなど人気があるのもうなずける。 一方、両端楽章は短いオマケみたい。第1楽章はまだしも、第3楽章は終わり方もあっけなく、 なんとかならんのか(?)。 余白は映画音楽風の20世紀の作品。最後のタンゴはなかなか良い感じだった。

もんきい さん | 秋田県 | 不明

0

村治佳織に関連する商品・チケット情報

協奏曲 に関連する商品・チケット情報

  • ミシェル・ルグラン初の本格的クラシック・レコーディング 『シェルブールの雨傘』『ロシュフォールの恋人』など数多くの映画音楽を手掛け、ジャズ・ピアニストとしても数々の名盤を発表、3度のアカデミー賞と5度のグラミー賞を受賞している映画音楽界の巨匠による注目作。 ローチケHMV|2017年2月15日(水)
  • リシエツキのショパン:ピアノと管弦楽のための作品集 1995年ポーランド人の両親の元、カナダに生まれた天才ピアニスト、リシエツキは5歳でマウント・ロイヤル大学の音楽院でピアノを学び始め、2004年、9歳の時にカルガリー・シヴィック・シンフォニー共演しデビュー。 ローチケHMV|2017年2月11日(土)
  • アニー・フィッシャー名演集(10CD) アニー・フィッシャーは、生涯ブダペストを拠点として活動していたため、遺されたレコーディングは少ないのですが、ここでは彼女がEMIでおこなったレコーディングやライヴ録音を中心に集めています。 ローチケHMV|2017年2月10日(金)
  • ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲オリジナル版世界初録音! ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲の自筆稿は、これまで様々な推測がされてきましたが、作曲に使用したインクなどの研究で作曲過程が明らかになってきています。そして、この度古楽器の名手アントン・シュテックが、初稿版を録音することになりました。 ローチケHMV|2017年2月9日(木)
  • ハイティンク&コンセルトヘボウのブラームス SACDハイブリッド盤。ツィンマーマンとのヴァイオリン協奏曲、アックスとのピアノ協奏曲第1番という聴きごたえある2曲に加え、シューマンのピアノ四重奏曲も収録。 ローチケHMV|2017年2月8日(水)
  • アムランの弾くラフマニノフのピアノ協奏曲第3番とメトネル第2番 名曲中の名曲ラフマニノフ第3番とアムランが日本初演した秘曲メトネルの刺激的な組み合わせで贈る、アムランのロシアン・コンチェルトにご期待ください。 ローチケHMV|2017年2月8日(水)

おすすめの商品