CD

ライア&ソネット 村治佳織&ザ・シックスティーン

村治佳織

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCD1176
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

村治佳織&ザ・シックスティーン / 『ライア&ソネット』

村治佳織のデッカ移籍第3弾アルバムは、ルネッサンス、バロックなどの古楽をメイン・レパートリーに活躍しているイギリスの声楽アンサンブル「ザ・シックスティーン(The Sixteen)」と共演したコラボレーション・アルバム。収録曲は、アンチエータ、ヴィクトリアなどスペイン・ルネッサンス期の声楽作品から、カステルヌオーヴォ=テデスコやヴィラ=ロボス、さらに『アルハンブラの想い出』、『パッヘルベルのカノン』、『ダッタン人の踊り』などおなじみの名曲までと幅広く、声楽パートを本来持たない作品をオスカー・ワイルドやダウランドのテキストを用いてコーラス作品に仕立てるなど、これまでにない試みにも注目です。
 演奏は、村治ならではの端正なギターの音色と、ザ・シックスティーンの透明なハーモニーが溶け合った素晴らしい仕上がり。『ダッタン人の踊り』での原曲とは異なる美しさは特に秀逸です。教会でレコーディングされたサウンドもクリアかつ豊か、心地よい清涼感がたまりません。

・母さま、私は恋を抱いて(フアン・ド・アンチエータ)
・アルハンブラの想い出(タレガ)(*)
・『ロマンセロ・ヒターノ』から(カステルヌオーヴォ=テデスコ)
 1. プロセシオン
 2. パソ
 3. サエタ
・おお何と栄光に満ちた王国なのか part 1(ルイス・デ・ヴィクトリア)
・おお何と栄光に満ちた王国なのか part 2(ルイス・デ・ヴィクトリア)
・5つの前奏曲(ヴィラ=ロボス)
 1. 第1番 ホ短調(*)
 2. 第3番 イ短調
 3. 第2番 ホ長調(*)
 4. 第4番 ホ短調
 5. 第5番 ニ長調(*)
・あがない主の恵み深き母よ part 1(ルイス・デ・ヴィクトリア)
・あがない主の恵み深き母よ part 2(ルイス・デ・ヴィクトリア)
・カノン(パッヘルベル)
・神は私たちを憐れみ[タリスのカノン](タリス)
・13のカタルーニャ民謡〜第13曲『盗賊の歌』(リョベート)(*)
・ブラジル風バッハ第5番〜アリア[カンティレーナ](ヴィラ=ロボス)
・ア・ネグリート・デ・ククルンベ(G.フェルナンデス)
・ダッタン人の踊り[歌劇『イーゴリ公』より](ボロディン)

 村治佳織(ギター)(*)=ギターソロ
 ザ・シックスティーン(コーラス)
 ハリー・クリストファーズ(指揮)

 録音:2006年7月、ロンドン、St.Giles Church[デジタル録音]

内容詳細

世界有数の混声合唱団と、村治佳織による、絡み合うようで個別、対立するようで融和している不思議な音風景。ギターだけ、合唱だけのトラックもある“対等さ”は、どちらかのファンという立場に立たないほうが楽しめそう。ボブ・チルコットによるアレンジ曲はイギリス風でユニーク。(榊)(CDジャーナル データベースより)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
全体的に良い雰囲気だけど、比較的地味なCD...

投稿日:2010/05/11 (火)

全体的に良い雰囲気だけど、比較的地味なCD。日本では村治佳織を前面に出して「ライア&ソネット」の邦題で販売していますが、「Into The Light」と内容は同じです。選曲にあまり色気が無いので、ジャケットの彼女の美しい姿に魅かれて買った方は退屈されるかも知れませんね。 合唱人として気になるのは、多くの編曲をボブ・チルコットが担当している点。「韃靼人の踊り」の合唱&ギター版はとても素敵でした。シックスティーンの合唱はもろ手を挙げて賞賛するものではないけれど、期待ははずさない出来かと思います。

たりん さん | 新潟県 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
なんか足りないなあって思った。ジャケット...

投稿日:2007/12/22 (土)

なんか足りないなあって思った。ジャケットは虚像のイメージを一人歩きさせるレコード会社の騙し。一度だけ知り合いから招待券をもらってコンサート行ったけど、地味でいつもひたいにしわ寄せててきつい感じの女性だった。どこにいるのか、もし電車の中にいたとしても気づかない、そんな存在だ。格調?香りがないというか歌心の無い、マニュアルどおりの演奏。

雅彦 さん | 東京都 | 不明

1
★
★
★
★
★
ライア&ソネットんんん? INTO THE LIGHT...

投稿日:2007/02/27 (火)

ライア&ソネットんんん? INTO THE LIGHTじゃないの??? まっいいや。 村治佳織さんのアルバム中で一番好きだな。格調高いというか音に深みがあるというか。 下世話な表現で申し訳ないが、アイドルっぽさがないところが非常にマル。 ジャケットもイイ!

ベンチャーズ命 さん | 広島 | 不明

0

村治佳織に関連する商品・チケット情報

器楽曲 に関連する商品・チケット情報

  • ミシェル・ブロックのショパン・コンクール・ライヴ 1960年のショパン・コンクールで、審査員長を務めたルービンシュタインがその結果に疑問を抱き、優勝者であるポリーニに次ぐ待遇の特別賞「ルービンシュタイン賞」を授与したエピソードで知られるピアニスト、ミシェル・ブロックのライヴ録音。 ローチケHMV|11時間前
  • メジューエワ/ショパン・ポロネーズ集 ソフロニツキーやネイガウスなど偉大なショパン演奏の伝統を感じさせる、充実の一枚です。 ローチケHMV|2日前
  • ジャン・ギユーによる『展覧会の絵』『ペトルーシュカ』 32フィート菅から出される16Hzの重低音を収録し、オーディオ・マニアの間で誉れ高き優秀録音として語り草となっているジャン・ギユーの『展覧会の絵』と『ペトルーシュカ』の録音がSACDハイブリッド盤で登場します。 ローチケHMV|2日前
  • ドノホーのショスタコーヴィチ:24の前奏曲とフーガ 各曲の性格は多彩であり、ときに深い瞑想性を感じさせる音楽から、いかにもショスタコらしい凶暴さを窺わせるものまで、見事なまでの対位法的統一感のもとに雄弁な楽想を展開しています。 ローチケHMV|2017年2月19日(日)
  • アコーディオンの女王、御喜美江がついにバッハの平均律を録音 SACDハイブリッド盤。日本が誇るアコーディオンの女王・御喜美江。BISレーベルからの5年ぶりの新譜は、バッハの平均律クラヴィーア曲集からの抜粋です。1990年代半ばにリリースしたバッハのアルバムでも非常に高い評価を得ただけに期待が高まります。 ローチケHMV|2017年2月16日(木)
  • 初CD化を含むランパルのスプラフォン録音全集 プロコフィエフのソナタで聴く名人芸的技巧、各協奏曲で奏でられる色彩豊かな音色に圧倒的存在感を示します。ブックレットには収録当時の写真も掲載。2016年最新リマスタリング。 ローチケHMV|2017年2月16日(木)

おすすめの商品