この商品に関連するタグ

もっと見る +

SACD 輸入盤

トランスフォーメーション 村治佳織(ハイブリッドSACD)

村治佳織

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4756618
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド,輸入盤

収録曲   

  • 01. Songs (12) for Guitar: Hey Jude
  • 02. Songs (12) for Guitar: Michelle
  • 03. Songs (12) for Guitar: Here, There and Everywhere
  • 04. Songs (12) for Guitar: Yesterday
  • 05. Hiroshima to iu na no shonen
  • 06. Bad Boy
  • 07. Epitaphios (8): If Only I Had the Water of Life
  • 08. Epitaphios (8): You Have Set, My Star
  • 09. Epitaphios (8): One Day in May
  • 10. Epitaphios (8): At the Window
  • 11. Variations on "Carnival of Venice" for Guitar
  • 12. The Yellow Cake Revue: Farewell to Stromness
  • 13. All in Twilight
  • 14. All in Twilight
  • 15. All in Twilight
  • 16. All in Twilight
  • 17. Songs (12) for Guitar: Over the Rainbow
  • 18. Songs (12) for Guitar: Londonderry Air
  • 19. The Last Waltz
  • 20. La belle dame sans regrets
  • 21. Fragile

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
私が村治佳織を初めて聴いたのは確か師であ...

投稿日:2010/01/24 (日)

私が村治佳織を初めて聴いたのは確か師である福田進一の1990年代初めの宝塚でのコンサートにまだ学生・学生したチョイ役で演奏した時の事です。それから約15年彼女も腕を上げそして本盤ノート巻頭に 故 黒田恭一さんが述べているように世界のメジャーレーベルからリリースする大きな舞台が与えられたわけです。本盤題して「トランスフォーメーションズ」で曲目は武満徹・編曲のものとかの抜粋や有名な処ではタルレガの「ヴェニスの謝肉祭による変奏曲」(ジュナンのテーマによるもので収録曲単品では一番長く8’57の演奏タイム)など中々高度な?内容(何れも一曲というか一章数分以内)となっています(曲目によってはD.ミラーというギタリストが共演しております)。前者にはビートルズ・ナンバーが含まれ私などは「イエスタデイ」が聴きやすく、私自身は後者に耳応えがした様に思え、又演奏者もそれなりに確かな技術とハートで対応しています。彼女の「ロンドンにて」という簡単なメモもこうしたCDの特徴から来るのでしょう。曲によってはもう少しハッキリとした演奏をと思うものも正直ありますがそれは素人考えなのでしょう。本盤は2004年の録音ですが翌年以降もバッハにも接近しつつこうした単品短編集的なCD中心をしばらく収録しているようでかつての可愛いお嬢さん的なスタンドからの一発花火にならない様、評価が定まるまでまだ時間を要するでしょうが頑張ってもらいたいものです。高品質仕様なので音はより良いと思われます。(タイムについては盤により多少異なる場合があります)

0
★
★
★
★
★
武満徹が著名な曲をギター用に編曲した作品...

投稿日:2006/06/25 (日)

武満徹が著名な曲をギター用に編曲した作品やタルレガの変奏曲を聴くと、確かなテクニックに裏付けされた村治さんの内面性までもが表れている感じがします。SACDでギターを聴くと、ベートーヴェンが「ギターは小さなオーケストラだ。」と言った言葉を想起させてくれます。

T.N音楽&オーディオ・マニア さん | 茨城県つくば市 | 不明

0
★
★
★
★
☆
確かこの前彼女のアルバムを買ったのがカバ...

投稿日:2006/01/27 (金)

確かこの前彼女のアルバムを買ったのがカバティーナだったから7年ぶりになる訳だ。ギターという楽器は好きで(特にジャズ)何枚も購入してきたが、今回はかなり期待を上まわってくれた。以前に比べてテクニックは切れ味鋭くかなり向上をし、録音もあるには違いないが音がまたしっとりといい響きを作り出している。圧巻はタレガの変奏曲で独特な奏法と哀愁をも感じさせる表現力が素晴らしい。 ジャ写真でもまたこのところ表情に女らしさが加わり、大人の女性と少女らしさ芯の強さが交じり合って本当に素敵な方になっていかれている。

いやみなぶらいあん さん | 世田谷区 | 不明

0

関連するチケット

村治佳織に関連する商品・チケット情報

器楽曲 に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品