この商品に関連するタグ

もっと見る +

わたしが一番きれいだったとき 凛として生きるための言葉

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784839933173
ISBN 10 : 4839933170
フォーマット
発行年月
2010年02月
日本
追加情報
:
23cm,1冊(ページ付なし)

商品説明

表題作ほか「みずうみ」「知命」など、茨木のり子の代表的な5篇の詩と写真のコラボレーション。戦中・戦後をまっすぐに生きた女性詩人が今を懸命に生きるあなたへ贈るメッセージ。

【収録作品】
◆わたしが一番きれいだったとき 『見えない配達夫』(飯塚書店)
◆汲む −Y・Yに−  『鎮魂歌』(思潮社)
◆自分の感受性くらい  『自分の感受性くらい』(花神社)
◆みずうみ   『花神ブックス1 茨木のり子』(花神社)
◆知命  『自分の感受性くらい』(花神社)

 また、本書は茨木のり子さんの詩に初めて写真を組み合わせた写真詩集としても読み応えがあります。写真のモデルにはNHK連続テレビ小説『つばさ』のヒロインを務めた若手実力派女優の多部未華子さんが出演。まるで映画のワンシーンを切り取ったかのような写真の数々は、茨木のり子さんの叙情的な詩とその世界観をそのまま表現しており、詩はもちろん、写真を眺めるだけでも楽しめる一冊に仕上がっています。


〈茨木のり子〉1926〜2006年。大阪府生まれ。戦後を代表する女性詩人。小学校から高校時代まで愛知県で過ごした後上京し、現・東邦大学薬学部在学中、19歳で敗戦を経験。
1953年川崎洋とともに同人誌『櫂』を創刊。同誌は、谷川俊太郎、大岡信、吉野弘など、のちに活躍する詩人を多数輩出した。1955年に初の詩集『対話』(不知火社)を出版。
その後も『見えない配達夫』(飯塚書店)、『自分の感受性くらい』(花神社)、『倚りかからず』(筑摩書房)など、多くの詩集で毅然と生きる女性の姿をみずみずしく表現し、共感を呼ぶ。2006年2月に死去。享年79歳。

内容詳細

強く、潔く、胸を張って生きていくために―戦中・戦後をまっすぐに生きた女性詩人が今を懸命に生きるあなたへ贈るメッセージ。

目次 : わたしが一番きれいだったとき/ 汲む―Y・Yに/ 自分の感受性くらい/ みずうみ/ 知命

【著者紹介】
茨木のり子 : 1926年大阪府生まれ。戦後を代表する女性詩人。小学校から高校時代まで愛知県で過ごした後上京し、現・東邦大学薬学部在学中、19歳で敗戦を経験。1953年川崎洋とともに同人誌『櫂』を創刊。同誌は、谷川俊太郎、大岡信、吉野弘など、のちに活躍する詩人を多数輩出した。1955年に初の詩集『対話』(不知火社)を出版。その後も多くの詩集で毅然と生きる女性の姿をみずみずしく表現し、共感を呼ぶ。2006年2月に死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

文芸 に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品

ローチケHMVレコメンド