総合ランキング: 183位 / 文芸ランキング 27位

そして生活はつづく 文春文庫

星野 源

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784167838386
ISBN 10 : 4167838389
フォーマット
出版社
発行年月
2013年01月
日本
追加情報
:
204p;16

内容詳細

携帯電話の料金を払い忘れても、部屋が荒れ放題でも、人付き合いが苦手でも、誰にでも朝日は昇り、何があっても生活はつづいていく。ならば、そんな素晴らしくない日常を、つまらない生活をおもしろがろう。音楽家で俳優の星野源、初めてのエッセイ集。巻末に俳優・きたろうとの文庫版特別対談「く…そして生活はつづく」も収録。

目次 : 料金支払いはつづく/ 生活はつづく/ 連載はつづく/ 子育てはつづく/ 貧乏ゆすりはつづく/ 箸選びはつづく/ 部屋探しはつづく/ ビシャビシャはつづく/ ばかはつづく/ はらいたはつづく/ おじいちゃんはつづく/ 口内炎はつづく/ 舞台はつづく/ 眼鏡はつづく/ ほんとうにあった鼠シリーズ 「はたち」漫画…小田扉 原作…星野源/ ひとりはつづく/ 文庫版特別対「く…そして生活はつづく」星野源×きたろう

【著者紹介】
星野 源 : 1981年埼玉県生まれ。学生の頃より音楽・演劇活動を行う。2000年自身が中心となり、インストゥルメンタルバンド「SAKEROCK」を結成。03年舞台『ニンゲン御破産』への参加をきっかけに大人計画に所属。音楽家、俳優、文筆業など多方面で活躍中。10年に、ソロアルバム『ばかのうた』で本格的にシンガーソングライターとしての活動を開始。文筆家としても多数の雑誌連載を持ち、2冊の単行本を刊行。J‐WAVEの深夜番組「RADIPEDIA」では、月曜日のナビゲーターを担当している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
  • 北澤 繁太 さん

    【変態が変態を読む】

    NHKのコント番組「LIFE」にはまっています。好きなのは「プラス車掌」というコント。この車掌のマネをしては家族を呆れさせています(笑)

    「ありがとーございまーす」

    知らない人が見たら、つまらないことこの上ない(ごめんなさい)。

    著者の星野源さんは「LIFE」のレギュラーなんです。図書館で借りた本なのですが「LIFE」効果もあって人気なのか(関係なく人気がある?)、表紙には「次に予約が入っております。なるべく早くお返しください。」とシールが貼り付けられているではありませんか。

    知らない人のために。星野源さんって何者? 私は「LIFE」の源ちゃんしか知りません。著者紹介を見てみるとなかなかマルチな人ですね。バンド結成、舞台への参加、音楽家であり俳優であり文筆家でもある。シンガーソングライターとして活動中。朝ドラ「ゲゲゲの女房」に出演しており「箱入り息子の恋」という主演映画があります。多数の雑誌連載を持ち、ラジオ番組のナビゲーターもつとめている。忙しそうな人ですね。

    文芸PR誌『ウフ.』で連載をはじめた源ちゃん。開始直後に休刊が決定するという不幸な展開に。編集者の努力で一号に二回分載せるという荒技を使い... なんとか一冊の本にまとめたそうです。それが本書。日々のあれこれを綴ったくだらない(失礼)エッセイです。

    こたらは単行本を文庫化したもの。文庫版特別対談として、星野源ときたろうの「く・・・そして生活はつづく」が収録されています。品がないですねぇ(笑)「くそして生活はつづく」はこの本の裏タイトルなんですって。まぁ、その通りなんですけれどもね。

    疲れている時はこういう本がいい。頭を使わなくて済むし。しかし、キーワードを拾いながら高速読みをする私にとって、この手の本はやっかい。なぜかといえば「読んでしまう」ので以外とページが進まない。くだらないだけに読まされてしまう。困ったものです。
    ?
    たま〜にありますが、これは電車の中で読んではいけない本です。体に毒です。ほんと、星野源さんは変態です。変態っぷりがたまらなく面白い時がある。電車の中で爆笑したら、あなたが変態になってしまいます。でも、笑いをこらえるほど体に毒なことはない。家で読みましょう。そして、心置きなく笑いましょう。私の二の轍を踏まないように。

    そして、ねぇ、皆さん。源ちゃんはどこにこの本を置いてほしいと願っているかわかります? ここまで読んだ人ならわかりますよね、どこだか。

    「この本があなたの家のトイレに常駐することを願って。」

    理由は言わずもがな。くそして生活はつづくなですから。トイレで一人こもりながら爆笑する。それがこの本の正しい読みかたです。排水溝に吸い込まれたり、ちん毛を剃ったり、うんこをもらしちゃった女の子に惚れたり、ほんとしょうもない話の連発です。でも、たまに「おぬしやるな」というコメントも。掃き溜めに鶴というやつですかね?

    「人の表現とは、庭に置いてあるホースのようなものだ」

    誰かが言っていたそうです。どんな人でも、最初は茶色い泥が混じった水が出るものだと。水を出し続けるうちに少しずつ透明になっていき、最後には綺麗な水が出る。それを文章、そしてこの本にたとえているんですね。源ちゃんのこの本、処女本はまっ茶色だと。人間としての泥、つまり「くそ」が出まくっていると。結局ここに辿り着く(笑)

    楽しませてもらいました。次の人が首を長くして待っているでしょうから早く返却しましょう。さよなら、源ちゃん。変態が変態を読む読書でした。

  • Go Saito さん

    たとえばアカデミー賞の授与式。ファンの声援に応えながらレッドカーペットを歩いているスター俳優の家の炊飯ジャーでは、一昨日炊いて食べ残したご飯が黄色くなり始めているかもしれない。
    ある人気ロックバンドのギタリストが三万人の観客の前で素晴らしい演奏をしたその十時間前、彼は自宅のトイレで便器の黄ばみが取れなくて悩んでいたかもしれない。
    どんなに浮世離れした人でも、ご飯を食べるし洗濯もする。トイレ掃除だってする。シャワーカーテンが下のほうからどんどん黴びてきて、新しいの買ってこなきゃなあとか思う。


    うんこネタ多すぎ

  • Yuki Yamasaki さん

    エッセイ
    今の日常から少年時代の思い出まで星野源について笑泣しながら分かる本。下手でも好きだから続けて来た色々な事。そのおかげで私がこの本を読める幸せ。星野源の母がとても良いな、あんな風には娘を育てられなかったな。

関連するチケット

星野 源に関連する商品・チケット情報

文芸 に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品