いのちの車窓から

星野 源

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784040690667
ISBN 10 : 4040690664
フォーマット
出版社
発行年月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
200p;19

内容詳細

今、大注目を集める星野源のエッセイ最新刊! 怒涛の2年間がここに。

星野源が、雑誌『ダ・ヴィンチ』で2014年12月号より連載をスタートした、エッセイ「いのちの車窓から」に<書き下ろし>を加えて単行本化! 
ドラマ「逃げ恥」、「真田丸」、大ヒット曲「恋」に2度目の「紅白」出演と、今、大注目を集める星野源。怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに!

タイトルの『いのちの車窓から』とは、普段かけている度の強い眼鏡のレンズ越しに、周囲を見ている自分を、なんとなく「窓の内側」にいると感じていることをきっかけに、表現したもの(表題作「いのちの車窓から」に内容収録)。

本書では、その「窓」から星野が見てきた、<自分の外側>にあるものの面白さを丁寧に描写し、また<自分の内側>に発生したことを、本音と哲学で綴っている。

こっそり別人としてツイッターをやっていた秘話。集団ではいつも一人でいた自分が、「自分が人見知りである」と自ら言うことをやめた、そのきっかけ。星野源の日常の「一日」を淡々と描いた記録。ある人の言葉に想いを馳せ、山手通りを泣きながら歩いた、その日のこと。そして、大ヒットシングル「SUN」「恋」に込めた想いや製作過程、念願だった、「紅白」出場。
「恋ダンス」でも話題となったドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』撮影現場で得た、<気づき>の数々……など、約2年間にわたり、星野源が綴ったエピソードが満載。
また、これまでの著作を経て文筆家としての才を発揮し、表現したのは、彼の「窓」から覗いた周囲の力強くも優しい、素敵な人々の姿。

現実は一つだけれど、「窓」からどのように世界を見るかによって変わるであろう「生きる楽しさ」。そして「自分自身」を、「人を好き」でいられることの幸せ。
星野源の紡ぐ言葉の数々は、胸の奥に、すっと、温かく染み込んでいく……。
星野源の面白さと、哲学と、精確さのすべてを注ぎ込んだ珠玉のエッセイ集!

「人生は旅だというが、確かにそんな気もする。自分の体を機関車に喩えるなら、この車窓は存外面白い。」(本書「いのちの車窓から」より引用)

2017年、新たな書き下ろしエッセイも収録。
なお、挿絵を『キルラキル』のキャラクターデザインもつとめた、すしおが手がけている。

【著者紹介】
星野 源 : 1981年、埼玉県生まれ。音楽家・俳優・文筆家。俳優として、映画『箱入り息子の恋』(初主演)、『地獄でなぜ悪い』で第37回日本アカデミー賞新人俳優賞などの映画賞を多数受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
昨年、逃げ恥の前のドラマの最終回、次の作...

投稿日:2017/04/02 (日)

昨年、逃げ恥の前のドラマの最終回、次の作品の予告を見ていた妹が「星野源、すきやわぁ」と言っていて、そう言えばしばらく前の夏ごろから着信音が「SUN」になっていた。画面には地味目な男性が写っていた。何者? 逃げ恥が始まり、第二話あたりからどんどんひきつけられて、今はすっかりその魅力にはまってしまった。 彼の今までの楽曲をたどっていくうちに、インディーズ出身と知り、ソロの前はSAKROCKというインストバンドのリーダーであり、また俳優でもあることが分かった。またそこに至るまでの幼少期の経歴が衝撃的で、まぎれもなく現代っ子のはずなのに、まるで50年以上も昔を生きてきたような錯覚を覚える。 彼の楽曲からは、今まで生きてきた生活や匂い、なぜか人生そのものを感じる。また最近のより確立された作品を聞いてからはより強く思う。なぜSAKEROCKの存在を知らなかったのか・・・と激しく後悔している。きっと同じ思いの方もいるのではないでしょうか。 当時、音楽番組はテレビのゴールデンタイムからほぼ撤退を完了していたように思う。ネットやBSやライブでないとなかなか新鮮な音楽に自然に触れる機会が少なくなっていたように思う。 そんな中、自身のやりたいことにこだわり続け、紆余曲折しながら活動を続けていたのだ。今でも入手可能であれば、スペシャボーイズや大人計画の舞台のDVDなどでも過去の活動を知ることはできる。 ソロになってからは(病気で休止されていた時期もあるが)急速に全国区の活動となり、これはもうこうなるべきであったとしか言いようがない。彼は芸術家なのだ。今までのアルバム・シングル・ライブビデオ、そしてSAKEROCKのアルバム・シングルDVD、さらにドラマ・映画などなど、一気に購入してしまった。 いくら書いても、書き足らない。読んで、聞いて、そしてライブにいきましょう!!!!

めがねぱんち さん | 香川県 | 不明

8

星野 源に関連する商品情報

アート・エンタメ に関連する商品情報

  • 宇多田ヒカルの「SWITCH」とは 自らのクリエイションで人々を感動させている表現者たちは、どのようにして現在の自分の表現や生き方に辿り着いたのか。『SWITCH Vol.36 No.5』の特集は「宇多田ヒカル WHERE IS YOUR SWITCH?」 HMV&BOOKS online|4時間前
  • 川栄李奈『Quick Japan vol.137』で表紙・40ページ特集 表紙・巻頭特集を飾るのは次期CM女王との呼び声も高い女優・川栄李奈。40ページ特集で彼女の魅力を明らかに。第2特集はこの春ドラマ初主演に挑む俳優・坂口健太郎。 HMV&BOOKS online|9時間前
  • 三代目JSB『ELLE JAPON 6月号』表紙に登場 『ELLE JAPON 6月号』は三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEが表紙を飾る特別版をあわせ、表紙&中面が異なる全9種類で発売。日本人男性が『ELLE JAPON』の表紙を飾るのは今回が初。 HMV&BOOKS online|11時間前
  • 吉岡里帆 区切りの年に放つ記念碑的写真集 今年芸能活動5周年・25歳を迎えた吉岡里帆が女優として歩んできた道のりを「旅」に見立てた完全撮り下ろし写真集。4月19日から9日間にわたり本作のロケを敢行し、その模様はInstagramで配信される。 HMV&BOOKS online|1日前
  • X JAPAN・PATAが『ヘドバン』に初登場 Vol.18のメインタイトルは「みんなメタルに狂ってやがる」。初登場のPATAが発売30周年となる1st『Vanishing Vision』時代のX原風景を15,000字で語る。 HMV&BOOKS online|1日前
  • 鬼龍院翔 6年半ぶりに『ROCK AND READ』表紙に登場 全裸写真で話題を呼んだ37号(2011年8月発売)以来6年半振りに最新刊77号の表紙巻頭に登場する鬼龍院翔を、当時から現在の国民的ヴィジュアル系バンドに至るまでの背景を2万字インタビューで追う。 HMV&BOOKS online|1日前

おすすめの商品