生きがいは愛しあうことだけ ちくま文庫

早川義夫

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784480431929
ISBN 10 : 4480431926
フォーマット
出版社
発行年月
2014年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
270p;15

内容詳細

音楽仲間との死別を経験し、生きるとは何かを考え続ける著者の最新エッセイ集。恋愛しつつ、音楽活動を通して生きる。なぜ歌うのか。「僕に才能はない。技術もない。…昔も今も音楽で生活できたことは一度もない…歌わなければ、誰かとつながりを持っていなければ、自分は犯罪者になってしまいそうだからである」。文庫オリジナル。

目次 : 第1章 友だちなんていないと思ってた/ 第2章 また逢えるよね/ 第3章 音楽は本当のことしか伝わらない/ 第4章 間違いだらけの恋愛術/ 第5章 生きてゆく悲しみ/ 第6章 しいこちゃん/ 第7章 いい文章には血が流れている

【著者紹介】
早川義夫 : 1947年東京生まれ。歌手(1967〜69年)、元書店主(1973〜95年)、再び歌手(1994年〜)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
  • Chisato Hikita さん

    またたくさん右耳を折ってしまったけど、一番忘れられない部分が何ページに書いてあったのかが見付からない。そんなものか。

    「悲しいことだけど、悲しまない」。わたしは悲しいことを、もう嫌になるくらい、ほんと馬鹿みたいに悲しむ癖があって、でも、それは辞めた方がいいなと思いました。悲しいことだ、とだけ思いたい。

    「人は何のために生きるか?ということを私はいつも考えている。私は人生を楽しむために生きるのだ、と思っている。そして私の場合、楽しむことは人を愛すること、人に愛されること、にほかならぬのである。」(田辺聖子)

    岡本太郎、忌野清志郎、内田樹、早川義夫。大好きな優しい人々が本を読むうちに増えてゆくのが嬉しい。

    第五章、生きてゆく悲しみにあった「別離」。本当のことは辛い。いっぱい失敗して、そこに辿り着いた、でもまだたまにうっかり間違う、それでいいのだ。そう言って欲しいな。

  • 小田昌栄 さん

    多分私よりも少し上の世代の方たちは、リアルタイムで経験してるかも知れない。

    ジャックスというバンドがあったということ。

    活動期間が短くて本当に"伝説"になってしまったこと。

    そのジャックスのボーカルだった早川義夫さんのエッセイ集。

    このチカラの抜け具合。洒脱軽妙な感じ。

    一切の構えとか計らいがない。

    こんな風に文章が書けるのが、うらやましい!

    早川さんの生き方が文章に現れてるのだ。

    私もこういう構えのないオッサンになりたいな・・・と思いつつ。

    そしてタイトルの「生きがいは愛しあうことだけ」っていうのは、
    メイクラヴのことなんだろうな。。。笑

    でもって読んだあと気づいたことなんだけど、表紙の写真が素敵。

    早川さんの愛犬チャコと黒鳥(!)たち。

    普通に鎌倉の海岸でたたずんでる。。。^ ^

関連するチケット

アート・エンタメ に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品