CD

Lingua Franca

旅団

基本情報

カタログNo
:
PEMY013
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

旅団で初めてメインメロにシンセ音を使用し、小難しいこと抜きに踊れるお祭り曲「GOLDEN PEACH」を皮切りに、9分を超えてグルーヴし、高揚感溢れるラストに向かってまっすぐに途切れず疾走する「aobazuku」が続く。3曲目の「cambrian explosion」は、前アルバム「Terra Incognita」に収録された同名曲の再録だが、9人編成バージョンの初めての録音となり、従来の迫力はそのままに、新しい旅団の音を出すために9人ともがそれぞれの限界を超えて再録された、曲タイトル通り、変化の象徴となっている。そしてラストの「子午線の湾」。こちらも再録だが、全編が7拍子となり、パーカッションによるリズムを強く打ち出し、前作のチルな装いから踊れる7拍子へ変貌を遂げ、現在のライブでも演奏される旧来の曲の中でも、9人編成となって最も大きく変化した曲となっている。
これまで、ゲストプレイヤーを招き、曲ごとにプレイヤーを変えることで空気を大きく変える演出を持ってきたが、今回は現在のライブスタイルそのままに、全曲全員参加、ゲスト参加なしという裸の前傾姿勢で挑んでいる。これが新生旅団の、新天地への旅路の途上から2年半振りに放たれた4曲の“言葉無きことば”だ。

内容詳細

パーカッション、電気ヴァイオリン、ディジュリドゥ、シンセイサイザーを含む9人組ライヴ・バンドの4曲入り。野外フェスで映えそうな、集団即興によるグルーヴィでトランシーな演奏が続き、陶酔感と高揚感を誘う。リズムがシャープで歯切れよく、ダンス・ミュージックとしての機能性も高い。(有)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. GOLDEN PEACH
  • 02. AOBAZUKU
  • 03. CAMBRIAN EXPLOSION
  • 04. 子午線の湾

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

インディーズ に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品