折口信夫芸能史講義 戦後篇 池田彌三郎ノート 上

折口信夫

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784766421828
ISBN 10 : 4766421825
フォーマット
発行年月
2015年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
360p;23

内容詳細

戦後折口学の「芸能史」が明らかにされる

昭和20年、22年度、23年度に行われた折口信夫の芸能史講義を、池田彌三郎筆記のノートをもとに書籍化。
能、歌舞伎、舞踊、相撲――折口の古代研究の基底をなす「芸能史」の全体像に迫る未発表講義録。

「われわれの言う「芸能」の説明では、芸能は演芸にあたる。(略)日本の演芸の性質がせり詰めて情熱が加わると演劇に到達する。逆に言うと、日本の芸能は演劇的出発点を持っている。概括して言うと、演劇、舞踊、歌謡あるいは曲芸というより詭芸、軽業、手品、こういう種類のものだ。それから広い意味での武術、その中、特殊なもので相撲。そういうものがみな芸能だ」(本文より)

【著者紹介】
伊藤好英 : 1948年生まれ。慶應義塾大学大学院修士課程修了。高麗大学校大学院博士課程修了。文学博士。慶應義塾大学講師、國學院大學講師。元慶應義塾高等学校教諭。専門は、日本芸能史、韓国芸能史

藤原茂樹 : 1951年生まれ。慶應義塾大学大学院博士課程修了。慶應義塾大学教授。専門は、古代文学・芸能史。上代文学会常任理事、古事記学会理事

池田光著 : 1947年生まれ。池田彌三郎の長男。慶應義塾大学文学部文学科(国文学専攻)卒業。同大学大学院社会学研究科(教育学専攻)博士課程修了。元洗足学園短期大学助教授。教育原理、文化史などを担当。1974年から1976年まで西ドイツマンハイムに留学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

折口信夫

1887(明治20)年〜1953(昭和28)年。国文学者、民俗学者、歌人、詩人。歌人としての名は「釈迢空」。大阪府木津村生まれ。天王寺中学卒業後、國學院大學に進み、国学者三矢重松から深い恩顧を受ける。國學院大學教授および慶應義塾大学教授となり、終生教壇に立った。古代研究に基を置き、国文学、民俗学の域

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品