俺と疾れ!! 自動車評論30年史 激動の20世紀編

徳大寺有恒

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062194129
ISBN 10 : 4062194120
フォーマット
出版社
発行年月
2015年01月
日本
追加情報
:
317p;19

内容詳細

この一筆が日本のクルマを変えた!34年間、『ベストカー』に綴った遺稿を厳選収録。

目次 : 1984年/ 1985年/ 1986年/ 1987年/ 1988年/ 1989年/ 1990年/ 1991年/ 1992年/ 1993年/ 1994年/ 1995年/ 1996年/ 1997年/ 1998年/ 1999年/ 2000年

【著者紹介】
徳大寺有恒 : 自動車ジャーナリスト、元レーシングドライバー。大学卒業後、トヨタ自動車ワークスチームの専属ドライバーとして契約。引退後、自動車用品会社「レーシングメイト」を設立。’76年に『間違いだらけのクルマ選び』を出版。クルマだけでなく、ワインや葉巻などさまざまな分野に広がる評論活動で活躍。2014年11月永眠(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

徳大寺有恒

1939年、東京生まれ。2014年没。成城大学経済学部卒。レーシングドライバーを経て自動車評論家に。1976年刊行のベストセラー『間違いだらけのクルマ選び』(草思社)は日本のクルマ社会に一大衝撃を巻き起こした。以降、社会的、文明論的な側面からクルマをとらえたクルマ批評は、数多くの読者を獲得した。著書

プロフィール詳細へ

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品