この商品に関連するタグ

これでいいのか神奈川県川崎市 市内各地では東西激戦勃発中! 地域批評シリーズ

岡島慎二

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784896375442
ISBN 10 : 4896375440
フォーマット
発行年月
2015年12月
日本
追加情報
:
319p;15

内容詳細

川崎コンプレックスを払拭できるか?徹底調査でわかった川崎の今とこれから!

目次 : 第1章 川崎市7区はどんなとこ?/ 第2章 川崎ってどうなのよ/ 第3章 川崎駅東側はやっぱり元祖川崎だ/ 第4章 川崎駅西側の変貌に住民はついていけるのか/ 第5章 東横線沿線住民の保守本流を追う!/ 第6章 多摩川を越えるとちょっと違うよね/ 第7章 憧れ(?)の青葉区に近くなった宮前区だが/ 第8章 多摩区のほのぼの感って何!?/ 第9章 川崎市といわれても/ 第10章 川崎はずっと変わらずいればいい

【著者紹介】
岡島慎二 : 1968年茨城県生まれ。ギャンブル、格闘技から学術系までなんでもこなす雑食ライター兼編集者。1987年に上京(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
  • Oda Toshiyuki さん

    東京都と横浜市に挟まれて東西に(南北じゃないよ)細長い川崎市。7つの行政区が1つずつ横並びになっていて、互いの結びつきが弱い政令指定都市だ。

    本書は、今と昔を比べながら、川崎市の魅力を再認識する本だ。川崎市民としては必読の書だと思い手に取った。
    我が家を構える武蔵小杉のことを、昔から「小杉」と呼んでいる。ところが、近年移住してきた市民は「ムサコ」と呼ぶのだ。すごい違和感。
    といった、よく聞くあるあるネタが満載みたいだが、自分の区域以外は初めて知る話が多い。川崎市の連帯感のなさが早速露呈している。初耳ネタの中でも川崎市に飛び地がある事を知って、とてもビックリ。ちょっと行ってみたい感じがする。
    『これでいいのかー』というタイトルの割には、武蔵小杉開発をめぐる市民運動みたいな課題には触れず、「これでいいのだ」というユルい雰囲気が貫かれている。

    再開発の一方で、昔ながらの商店街、ドヤ街が同居する川崎市。筆者は口が悪いけど、川崎愛に満ちた一冊だった。

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

岡島慎二

1968年茨城県生まれ。大衆居酒屋と猫をこよなく愛するライター兼編集者。東京・地方を問わず、地域の本質や問題点、まちづくりのあり方などを探る「地域批評」をライフワークに全国各地を飛び回っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品・チケット情報

  • ボクたちはみんな大人になれなかった 井重里、大根仁、小沢一敬、堀江貴文、会田誠、樋口毅宏、二村ヒトシ、せつな痛さに悶絶!web連載中からアクセス殺到の異色ラブストーリー、待望の書籍化。 ローチケHMV|2日前
  • タモリの紀行バラエティー番組”ブラタモリ” 旅が何倍も楽しくなる!最新刊は「京都(嵐山・伏見)志摩伊勢(伊勢神宮・お伊勢参り)」の7刊、「横浜 横須賀 会津 会津磐梯山 高尾山」を取り上げる8刊同時発売。 ローチケHMV|2日前
  • 8/18公開『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』 岩井俊二の原作映画を、『モテキ』の大根仁が脚本、『物語』シリーズなどの新房昭之が総監督を務め、アニメ化した『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』8月公開。 ローチケHMV|6日前
  • 第157回 芥川賞・直木賞候補作発表 第157回芥川賞と直木賞の候補作が6/20発表されました!芥川賞候補には2度目のノミネートとなった今村夏子氏ほか全4作、直木賞候補には、4度目のノミネートの柚木麻子氏ほか全5作品。 ローチケHMV|7日前
  • 佐藤健・土屋太鳳主演で映画化『8年越しの花嫁 奇跡の実話』12/16日(土)公開 結婚式を3ヵ月後に控えた尚志と麻衣。幸せな二人を襲ったのは、麻衣の原因不明の病だった―。誰も見たことがない愛の形に涙する。 ローチケHMV|2017年6月15日(木)
  • 【特集】 おすすめ文庫 持ち歩きにも邪魔にならず、家でごろ〜んとリラックスして開くにもぴったりの文庫本。映像化作品や、いま話題の作品など、おすすめの文庫をご紹介します。 ローチケHMV|2017年6月9日(金)

おすすめの商品