この商品に関連するタグ

これでいいのか神奈川県川崎市 市内各地では東西激戦勃発中! 地域批評シリーズ

岡島慎二

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784896375442
ISBN 10 : 4896375440
フォーマット
発行年月
2015年12月
日本
追加情報
:
319p;15

内容詳細

川崎コンプレックスを払拭できるか?徹底調査でわかった川崎の今とこれから!

目次 : 第1章 川崎市7区はどんなとこ?/ 第2章 川崎ってどうなのよ/ 第3章 川崎駅東側はやっぱり元祖川崎だ/ 第4章 川崎駅西側の変貌に住民はついていけるのか/ 第5章 東横線沿線住民の保守本流を追う!/ 第6章 多摩川を越えるとちょっと違うよね/ 第7章 憧れ(?)の青葉区に近くなった宮前区だが/ 第8章 多摩区のほのぼの感って何!?/ 第9章 川崎市といわれても/ 第10章 川崎はずっと変わらずいればいい

【著者紹介】
岡島慎二 : 1968年茨城県生まれ。ギャンブル、格闘技から学術系までなんでもこなす雑食ライター兼編集者。1987年に上京(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
  • Oda Toshiyuki さん

    東京都と横浜市に挟まれて東西に(南北じゃないよ)細長い川崎市。7つの行政区が1つずつ横並びになっていて、互いの結びつきが弱い政令指定都市だ。

    本書は、今と昔を比べながら、川崎市の魅力を再認識する本だ。川崎市民としては必読の書だと思い手に取った。
    我が家を構える武蔵小杉のことを、昔から「小杉」と呼んでいる。ところが、近年移住してきた市民は「ムサコ」と呼ぶのだ。すごい違和感。
    といった、よく聞くあるあるネタが満載みたいだが、自分の区域以外は初めて知る話が多い。川崎市の連帯感のなさが早速露呈している。初耳ネタの中でも川崎市に飛び地がある事を知って、とてもビックリ。ちょっと行ってみたい感じがする。
    『これでいいのかー』というタイトルの割には、武蔵小杉開発をめぐる市民運動みたいな課題には触れず、「これでいいのだ」というユルい雰囲気が貫かれている。

    再開発の一方で、昔ながらの商店街、ドヤ街が同居する川崎市。筆者は口が悪いけど、川崎愛に満ちた一冊だった。

文芸 に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品