この商品に関連するタグ

食い逃げされてもバイトは雇うな 禁じられた数字 上 光文社新書

山田真哉

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784334034009
ISBN 10 : 4334034004
フォーマット
発行年月
2007年04月
日本
追加情報
:
18cm,219p

商品説明

「さおだけ」より「食い逃げ」ミリオンセラー第2弾!


■1時間で読めて一生効果が続く「数字&会計の入門書」
この本の目的は、「数字が嫌い」「数字が苦手」「数字なんて見たくもない」と思っている方に“数字がうまく”なってもらうことです。正しい訓練をすれば、数字は誰でもうまくなれます。この本では、「正しい訓練」の仕方を紹介していきます。数字がうまくなれば、インパクトや説得力のある文章が書けるようになるだけではなく、ビジネスにも強くなります。また、お金に対する見方が180度変わり、節約も上手になります。そしてなにより、数字がうまくなれば、数字だらけの「会計」に対する苦手意識もなくなります。
――「数字」と「会計」は、あなたの「一生使える道具」になります。この本で、数字の見方、使い方から会計の基礎までを、一緒に学んでいきましょう。

内容詳細

「数字が嫌い」「数字が苦手」「数字なんて見たくもない」そんな人でも正しい訓練をすれば、数字は誰でもうまくなる。数字がうまくなれば、インパクトや説得力のある文章が書けるようになるだけではなく、ビジネスにも強くなります。1時間で読めて一生効果がつづく「数字&会計の入門書」。

目次 : イントロダクション 「Web2.0」『ゲド戦記』がすごい本当の理由―数字のルールはたったの4つ/ 第1章 今日は渋谷で6時53分―数字がうまくなるための技法/ 第2章 タウリン1000ミリグラムは1グラム―ビジネスの数字がうまくなる/ 第3章 食い逃げされてもバイトは雇うな―会計の数字がうまくなる/ 第4章 決算書の見方はトランプと同じ―決算書の数字がうまくなる

【著者紹介】
山田真哉 : 公認会計士。1976年兵庫県神戸市生まれ。兵庫県立神戸高校、大阪大学文学部史学科卒業。24歳のとき、公認会計士二次試験に合格。26歳のとき、170万円をかけて自費でブックファンドを使って出版した会計ミステリー小説『女子大生会計士の事件簿』(英治出版)が大ヒット。27歳で中央青山監査法人(当時)を退所し独立。28歳でミリオンセラー『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』(光文社新書)を出版。2005年度の書店新風賞を受賞し、流行語大賞の候補に。公式サイト「山田真哉工房」(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
  • Miyoshi Hirotaka さん

    会計で用いられる数字は記号というよりは言葉。ざっくりした数字は理解しやすい。しかも、数字は千両役者。経営者が切りのいい数字を目標に掲げるのはこのためだ。但し、過ぎたるは猶及ばざるが如し。演出も良識の範囲内に留めるべき。例えば、南京事件で30万人が虐殺されたと主張した習近平総書記。人口10〜20万人の街で30万人は殺せない。しかも、当時の日本軍の歩兵銃は装填数5発のボルトアクション式。独り歩きした数字を冷静に分析し、感情を排除して見ることが極めて大事。なぜなら会計は感情ではなく勘定で判断するものだからだ。

  • Koji Kamei さん

    昨日に続き連読。著者が言うとおり1時間で読んだ。収穫は、数字を別の言い方で表現する。ということかな。わかりやすいがこの本がなぜこれだけ売れたのか不思議。その当時の期待感からか。流行が去ったあとに読むとまた違う観点で新鮮だ。会計的な視点でものごとを見るというが、大阪商人にとっては当たり前のことのように思える。続編を読んでみよう。1時間だからコメントも短くなる。

  • KAKAPO さん

    会計の目的は、集計することだけではなく、お金の動きを分析して、経営に役立てることが重要。意識すれば、見えていなかったものが見えてくる。サラリーマンで、自分が勤めている会社の損益計算書を丁寧に分析したことがある人は、多くないでしょうか?しかし、会計は、上を目指すビジネスマンにとって疎いとは言っていられない重要なことなのです。この本は、私たちの身近にある商売から、会計の感覚を磨ける問いがある。身近にある商売を観察し、儲けの仕組みを推察する。それを無意識に繰り返す習慣が、ビジネスマンへの階段なのかもしれない。

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

山田真哉

公認会計士・税理士・ファイナンシャルプランナー。兵庫県出身。著書の『女子大生会計士の事件簿』(角川文庫他)はシリーズ100万部、『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』(光文社)は160万部を突破するベストセラーとなる。これまでに『朝日新聞』『読売新聞』『毎日新聞』『日経新聞』等で連載。家計簿からクレジッ

プロフィール詳細へ

経済・ビジネス に関連する商品・チケット情報

  • 『外資系投資銀行がやっている最速のExcel』 なぜ、あなたのエクセルは遅いのか?外資系投資銀行、ITベンチャーで「エクセルの鬼」と呼ばれる著者が教える、9割の人が知らないエクセルを速くするテクニックを全公開! ローチケHMV|22時間前
  • 考え方〜あ人生・仕事の結果が変わる 稲盛和夫の渾身の一冊!これから就職を目指す人、社会に出る人から経営者まで、人生の目的に迷うとき、生き方に悩むとき、心が晴れないとき、支えになってくれる一冊。 ローチケHMV|2017年4月4日(火)
  • “店長・マネジャーのための教科書” 決定版 「いつまで経っても人が足りない、育たない」と悩んでいる店長・マネジャー必携。大手7社・2.5万人に聞いた「現場の声」×経験・勘・度胸に頼らない「人材育成の理論」で見えてきた「ずっと忙しい!」を断ち切るヒントが満載。 ローチケHMV|2017年2月17日(金)
  • 誰もが100年生きうる時代をどう生き抜くか。 未来の働き方を描いたベストセラー『ワーク・シフト』の著者が教える、100歳時代の生き方と働き方『ライフ・シフト』。目前に迫る長寿社会を楽しむバイブル。 ローチケHMV|2017年1月10日(火)
  • ふるさと納税No.1サイト女性社長の仕事術 低迷していた「ふるさと納税」を年間寄付額1000億円以上の巨大市場に成長させた女性起業家。その成功の秘訣は、30代にベンチャー企業で学んだ「考えぬく力」だった。 ローチケHMV|2016年6月6日(月)
  • 大ヒット中『嫌われる勇気』 フロイト、ユングと並ぶ心理学三大巨匠の一人、アドラーの思想(アドラー心理学)を、「青年と哲人の対話」という物語形式で紹介。人生を一変させる哲学問答。 ローチケHMV|2016年6月6日(月)

おすすめの商品