親子共依存 ポプラ新書

尾木直樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784591144237
ISBN 10 : 4591144232
フォーマット
出版社
発行年月
2015年02月
日本
追加情報
:
173p;18

内容詳細

「反抗期がなくて楽チン」なんていつまで子どもの面倒見続けますか?反抗期のない子どもが増えている。大学選びや就活に、子ども以上に熱心な親が増えている。互いに自立できない「親子共依存」関係が生み出す、「総子ども化」社会ニッポン。「最優先すべきは個々の自立」と唱える著者が、日本の教育システム、家族観、世界観について根底から問いかけなおす、意欲作。

目次 : 第1章 親ラブ族、急増中!(パパ大好き女子高生、ママ大好き男子中学生/ 相談相手は友達から親へ ほか)/ 第2章 いつまで一緒にお風呂に入ってるの?(反抗期がなくて安心?とんでもない!/ 内なるもうひとりの自分との葛藤 ほか)/ 第3章 世話を焼きすぎる親たち(子どもの親離れを阻むのは親?/ 入学式には両親がそろって ほか)/ 第4章 ニッポン「総子ども社会」と教育(日本の家族は「絆」重視/ 国ごとに違う家族観 ほか)/ 第5章 思春期は無謀だ!(思春期は「疾風怒涛」期/ 思春期脳について ほか)

【著者紹介】
尾木直樹 : 1947年生まれ。早稲田大学卒業後、私立高校、公立中学校の教師として22年間ユニークな教育を実践。現在、教育評論家、法政大学教授として、全国での講演やメディア、CMに出演(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

尾木直樹

1947年生まれ。教育評論家。中学、高校の国語教師を二十二年間務めた後、大学教員に転身して二十二年教壇に立つ。法政大学教授を経て、特任教授。臨床教育研究所「虹」所長として教育・子育てに関する調査・研究、評論活動を続ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

語学・教育・辞書 に関連する商品情報

おすすめの商品