CD

分離派の夏

小袋成彬

基本情報

カタログNo
:
ESCL5045
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

来たるべき時代の幕開けを告げる声と音

現在最もその動向が注目される作・編曲家、サウンドプロデューサーである小袋成彬が宇多田ヒカルをプロデューサーに迎えソロアーティストデビュー。「この人の声を世に送り出す手助けをしなきゃいけない」と宇多田ヒカルに言わしめたシンガーとしての才、固定観念を吹き飛ばす挑戦的なサウンドデザイン、そして文藝の薫り高き歌詞。それらすべてによって紡がれるものがたりは、雪解け水のような透徹さと清廉さに溢れる。よどみなき筆致によって来たるべき時代のJ-POPを鮮やかに予見させる処女作。

<プロフィール>
1991年4月30日生まれ。
R&Bユニット”N.O.R.K.”のボーカルとして活躍後、音楽レーベルTokyo Recordings設立。水曜日のカンパネラや柴咲コウ、Capeson、adieuなどをプロデュース。2016年には宇多田ヒカルのアルバム「Fantôme」収録曲「ともだち with 小袋成彬」にゲストボーカルとして参加。2018年4月25日、いよいよソロアーティストとしてデビュー。


(メーカーインフォメーションより)

内容詳細

宇多田ヒカルがプロデュースを手がけた、作・編曲家、サウンドプロデューサーの小袋成彬によるデビュー・アルバム。文藝の薫り高き歌詞によって紡がれる、全曲がほぼシームレスに繋がった構成は、まるで一冊の小説を読むような物語性にあふれている。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

おすすめの商品