この商品に関連するタグ

もっと見る +

これでいいのか埼玉県さいたま市 地域批評シリーズ

小森雅人

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784896375886
ISBN 10 : 4896375882
フォーマット
発行年月
2016年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
319p;15

内容詳細

さいたま市は首都圏の大都市の中で唯一「平成の大合併」を経験した特異な存在だ。その実力は上昇を続け、人口は130万人に迫り、再開発は今も続いている。「新都心」の名に恥じない都市へと成長しているのである。ほんの少し前まで「ダサイたま」呼ばわりされ、「池袋は大宮から来るヤツが多いから田舎っぽい」などといわれていたのも今は昔だ。本書は、そんな「首都圏で最も新しい大都市」さいたま市を研究する一冊である。なぜ、さいたま市は急激にその地位を高めることができたのだろうか。きらびやかな再開発に隠された、問題点や解決されていない課題はあるのか。浦和と大宮という「ライバル」が合併しちゃって問題は起きていないのか。もしかしたらいうほど発展していないんじゃないの?などなど。多方面からさいたま市の本当の姿を解析していく。

目次 : 第1章 新都心・大宮の東西格差/ 第2章 大宮は犯罪・ギャンブル・風俗の宝庫だ!/ 第3章 政治の中心・浦和はハイソでプライド高い/ 第4章 浦和駅改装で浦和ブランドも益々上昇!?/ 第5章 大都会になった与野と人形とラブホの街・岩槻/ 第6章 大宮vs浦和対立と再開発の意外な関係/ 第7章 さいたま市“統一”の準備は整った?

【著者紹介】
小森雅人 : 1970年、埼玉県行田市生まれ。12年ほど前、同棲を契機に戸田市に移り住む。パチンコ・パチスロ攻略誌で有名な某編集プロダクションに入社するも、1年も経たないうちにフリーエディター兼ライターに転向

藤江孝次 : M大学フェードアウト。某編集プロで編集に携わった後、雑誌と並行して映像やイベントなども手掛けるが、志半ばで挫折する

川野輪真彦 : 1976年、茨城県生まれ。和光大学経済学部卒。ギャンブル系雑誌がメインの編集兼ライター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

文芸 に関連する商品・チケット情報

  • 「花咲舞が黙ってない」いきなり文庫で9/5発売! 読売新聞で連載中の書き下ろし小説「花咲舞が黙ってない」が新刊文庫で発売決定!テレビドラマとは一味違った「花咲舞が黙ってない」は必読! ローチケHMV|1日前
  • 10/7公開『ナラタージュ』 2006年版「この恋愛小説がすごい」1位に輝いた、島本理生原作の同名恋愛小説の映画化で、主演に嵐の松本潤、ヒロインに有村架純! ローチケHMV|1日前
  • 東野圭吾「ナミヤ雑貨店の奇蹟」映画化! 界累計800万部を突破し、「東野圭吾史上、最も泣ける感動作」と発売より高い支持を受ける小説「ナミヤ雑貨店の奇蹟」が待望の映画化! ローチケHMV|1日前
  • 東野圭吾「マスカレード・ナイト」 あのホテルウーマンと刑事のコンビ、再び―東野圭吾「マスカレード」シリーズ最新作9/15発売! ローチケHMV|2017年8月14日(月)
  • ことばの恐竜 最果タヒ対談集 気鋭の詩人・最果タヒが、松本隆、大森靖子、二階堂ふみ、石黒正数など、詩、短歌、音楽、演劇、マンガ…ジャンルを超えて「ことば」について語り合う初の対談集。 ローチケHMV|2017年8月14日(月)
  • 中村文則「R帝国」 「教団X」の衝撃、再び! 全体主義の恐怖を描いた傑作。 ローチケHMV|2017年8月14日(月)

おすすめの商品