この商品に関連するタグ

もっと見る +

これでいいのか千葉県千葉市 ダメさが目立つ千葉市の実態! 地域批評シリーズ

小森雅人

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784896375879
ISBN 10 : 4896375874
フォーマット
発行年月
2016年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
319p;15

内容詳細

千葉市は世界一巨大な「首都圏」を構成する重要な都市だ。深い歴史を誇る千葉県の「県都」であり、人口は100万人に迫る。…のだが、千葉市の存在感は、首都圏の中で抜群に低い。人口をみると千葉市は約97万人だが、横浜市は約373万人、さいたま市は約128万人と大きく差をつけられている。市のブランド力では横浜市の足元にも及ばず、近年「副都心」として目茶苦茶な発展を遂げているさいたま市にも大きく引き離されてしまった。ただ、県単位で見ると、千葉県は大したものだ。船橋・市川・津田沼といった葛南地域、柏、松戸などの東葛地域は、東京の郊外地域と比べて優位に立つほどの発展を遂げているし、工業、漁業、農業などの産業は、国内有数の力を誇っている。そんな「スゴイ千葉県」の県都なのに、なぜこんなに「ダメ」なのか。印象の薄い謎の都市・千葉市の秘密を探っていこう。

目次 : 第1章 千葉市ってどんなトコ/ 第2章 千葉市の歴史は千葉氏と埋立地が作った/ 第3章 千葉市の存在感はなぜ薄い!?/ 第4章 ガリバー企業を中心に人種構成が成り立つ/ 第5章 市内はもう社会問題だらけ で、どうする?/ 第6章 体のよいコ・頭のよいコ 千葉市の教育ってどうよ/ 第7章 美味しいところが集まる中央区とその他/ 第8章 新生千葉はこの先も引きこもる?

【著者紹介】
小森雅人 : 埼玉県行田市生まれ。フリージャーナリスト

藤江孝次 : 福岡県北九州市生まれ。父親の仕事の関係で日本各地を転々とし、結果的には東日本在住歴が長くなってしまった。大学生時代は千葉県で過ごし、社会人になってからはしばらくして都内に住んでいたが、またもや千葉県に戻ってしまった(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

文芸 に関連する商品・チケット情報

  • テーマ別小説まとめ ミステリー、時代小説、恋愛小説といった一般的なテーマだけでなく、色々な角度からまとめたものを随時更新。あなたの興味のある小説がきっと見るかるはず! ローチケHMV|11時間前
  • 伊坂幸太郎-文庫新刊「砂漠」ほか、新刊情報 実業之日本社創業120周年記念、文庫限定の書き下ろしあとがき収録。この一冊で世界が変わる、かもしれない。 ローチケHMV|13時間前
  • 秋の夜長に読みたい、ページ数の多い小説(文庫、単巻) 秋の夜長にぴったり!?ページ数の多い小説をまとめてみました(文庫、単巻もの。表示のページ数は巻末の解説等も含む)。ゆっくりと時間をかけて楽しめる小説ばかりです。 ローチケHMV|13時間前
  • 【随時更新】TVで紹介された本 情報番組やバラエティで紹介されたおすすめ本特集! ローチケHMV|21時間前
  • 村上春樹原作本バンドシネ化 1999年に「新潮」に発表され、後に短篇集『神の子どもたちはみな踊る』に収録された原作の漫画(バンドデシネ)化。仏アーティストのシュールな筆致で読む村上春樹シリーズ最新刊。 ローチケHMV|2日前
  • 待望の文庫発売!西加奈子「サラバ」 2015年第152回直木賞を受賞した「サラバ」が待望の文庫発売。じっくりゆっくり何度でも読みたい名作。上・中・下で絶賛発売中! ローチケHMV|6日前

おすすめの商品