バッハとの対話 バッハ研究の最前線

小林義武

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784093860581
ISBN 10 : 4093860580
フォーマット
出版社
発行年月
2002年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22cm,412p

内容詳細

バッハ研究の最前線で世界的な成果を上げてきた著者が語る、最新のバッハ研究の精華。広範かつ精緻な歴史資料に基づいた、一般音楽ファンにも読みやすい真実のバッハ像は新鮮な驚きと知的興奮を与える。〈受賞情報〉芸術選奨文部科学大臣賞評論等(第53回)

【著者紹介】
小林義武 : 1942年北海道室蘭市生まれ。66年東京大学文学部美学科卒業。同年オーストラリア政府奨学生としてウィーン大学に留学(主専攻:音楽学)。67年ドイツ・ゲッティンゲン大学へ転学。71年から72年までゲッティンゲン大学音楽学研究所副助手。73年同大学にて博士号取得(博士論文『フランツ・ハウザーとそのバッハ・コレクション』)。74年から91年まで在ゲッティンゲン、ヨハン・ゼバスティアン・バッハ研究所学術研究員。91年から99年まで同志社女子大学学芸学部音楽学科教授。98年ドイツ・ドルトムント大学客員教授。99年以来成城大学文芸学部芸術学科教授。1996年辻荘一・三浦アンナ記念学術奨励賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

小林義武

1942年北海道室蘭市に生れる。1966年東京大学文学部美学科卒業。同年オーストリア政府奨学生としてウィーン大学に留学。1967年ドイツ・ゲッティンゲン大学に転学。1973年ゲッティンゲン大学にて博士号取得。1974〜91年在ゲッティンゲン、ヨハン・ゼバスティアン・バッハ研究所勤務。同志社女子大学音

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品