CD

After

小曽根真

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SICP1524
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
DSDリマスター

商品説明

バークリー音楽大学を卒業後、83年に米コロンビア/CBSレコードと日本人として初めて契約を交わしたジャズ・ピアニスト、小曽根真。記念すべきファースト・ソロ「OZONE」に続き、名ヴァイヴ奏者ゲイリー・バートンのプロデュースで制作されたセカンド・アルバムは、世界を舞台に活躍を始めた小曽根のスケールの大きなプレイで、まさに新しい時代のジャズを感じさせる1枚となった。美しいタッチとスウィング感あふれる小曽根真の魅力が十分に発揮されている。

内容詳細

85年9月録音の2ndアルバム。世界を舞台に活躍し始めた小曽根真のスウィング感あふれるプレイと美しいタッチを満喫できる。デビュー作に続き、ゲイリー・バートンがプロデュースを担当。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

小曽根真

1961年、神戸生まれ。オスカー・ピーターソンに影響を受けてジャズ・ピアノを始める。バークリー音楽院卒業後、83年に米CBSと専属契約を結び、デビュー・アルバム『OZONE』を発表。トリオ、ソロ、ビッグバンド、オーケストラとの共演など、多様なスタイルで精力的に活動。2008年2月にノー・ネーム・ホーセズとしての2枚目の

プロフィール詳細へ

小曽根真に関連する商品情報

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品