隠される原子力・核の真実 原子力の専門家が原発に反対するわけ

小出裕章

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784915970368
ISBN 10 : 4915970361
フォーマット
出版社
発行年月
2010年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
19cm,157p

内容詳細

目次 : 被曝の影響と恐ろしさ/ 核の本質は環境破壊と生命の危険/ 原子力とプルトニウムにかけた夢/ 日本が進める核開発/ 原子力発電自体の危険さ/ 歪められた二酸化炭素地球温暖化説/ 死の灰を生み続ける原発は最悪/ 温暖化と二酸化炭素の因果関係/ 原子力からは簡単に足を洗える/ 核を巡る不公正な世界/ 再処理工場が抱える膨大な危険/ エネルギーと不公平社会

【著者紹介】
小出裕章 : 1949年東京生まれ。東北大学工学部原子核工学科卒、同大学院修了。1974年に京都大学原子炉実験所助手になる。2007年4月から教員の呼称が変わり、現在は助教。専門は放射線計測、原子力安全。伊方原発訴訟住民側証人(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
  • Ken Negami さん

    最近、やっとマスコミにも出てくることが増えた、京大の小出裕章先生の本。
    恥ずかしながら、ぼくもつい最近まで、この人のことを知らなかったのだけど、こういう方の意見をまったくといっていいほど取り上げてこなかったマスコミの罪も重いと思う。

    サブタイトルにある通り、「原子力の専門家が原発に反対するわけ」が理路整然と述べられている。事故の危険性はもちろんだが、本書では原発が必然的に産み出してしまう核のゴミ=死の灰の危険性に重点が置かれている。

    2兆円を超える予算を投入しながら未だに稼働の予定すら立たない六ヶ所村の再処理工場。これまた1兆円を超える予算をつぎ込みながら、事故続きで運転の目処が立たない高速増殖炉もんじゅ。核のゴミ処理の目処が立たない一方で、日々膨大なゴミを生産し続ける原発。
    なのに、こういったごみ処理にかかる費用を一切考慮せずに、相変わらず原子力は経済的とウソの宣伝を繰り返す、政府、電力会社、御用学者にマスコミ。しかも、その背後には、核武装の野望が隠されているという…。

    読んでいるだけで絶望的な思いで目眩がしてくるけど、それでも知らなきゃいけない。
    特に、子供をもつ親には読んでもらいたい。

社会・政治 に関連する商品・チケット情報

  • 町口哲生「教養としての10年代アニメ 」 受講条件は週20本の深夜アニメ視聴!?あまりの本気(ガチ)さにネットを中心に話題となった近畿大学の講義が遂に書籍化。 ローチケHMV|2017年3月8日(水)
  • <ポスト・トゥルース>アメリカの誕生 WIRED.jpの人気連載「SUPER ELECTION ザ・大統領戦」緊急出版。選挙後「〈ポスト・トゥルース〉の時代」と名付けられた現代に誕生した、今までとは異なる新たなアメリカのこれからの考察。 ローチケHMV|2017年3月17日(金)
  • 「ポスト真実」時代のネットニュースの読み方 その記事、フェイクかもしれません!―あまたあるネット情報を正確に読み解くためのノウハウを、日経新聞の記者を15年務めた松林薫が、その経験知を基に解説。 ローチケHMV|2017年3月8日(水)
  • 「意識高い系」の研究 古谷 経衡 彼らはなぜ「面倒くさい」のか? 「これは自分の物語でもある」と語る著者が、SNSに巣食う現代人を徹底解剖! ローチケHMV|2017年3月8日(水)
  • キャスターという仕事 国谷裕子 ジャーナリズムに新風を吹き込んだ〈クローズアップ現代〉=クロ現。真摯に果敢に自分の言葉で問いかけ続けたキャスターが挑戦の日々を語る。 ローチケHMV|2017年3月8日(水)
  • 堀江貴文 / 君はどこにでも行ける 日本人がアドバンテージをなくしていく中、どう生きるか、どう未来を描いていくか。刑務所出所後、世界28カ国58都市を訪れて。改めて考える日本と日本人のこれから。装画はヤマザキマリ。特別章として堀江貴文×ヤマザキマリ対談も収録。 ローチケHMV|2016年3月7日(月)

おすすめの商品