お皿の上の生物学 阪大出前講座

小倉明彦

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784806715009
ISBN 10 : 480671500X
フォーマット
出版社
発行年月
2015年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
223p;19

内容詳細

味・色・香り・温度・食器…。解剖学、生化学から歴史まで、身近な料理・食材で語る科学エンターテインメント。

目次 : 第1講 味の話/ 第2講 色の話/ 第3講 香りの話/ 第4講 温度の話/ 第5講 食器の話/ 第6講 宴会料理の話/ 第7講 季節の食品の話/ 第8講 論文の話

【著者紹介】
小倉明彦 : 大阪大学大学院生命機能研究科脳神経工学講座教授。理学博士。専門は神経生物学(記憶の成立機構についての細胞レベルの分析)。1951年東京都生まれ。1975年東京大学理学部生物学科卒業。1977年同大学院修士課程動物学専攻修了。1977〜1979年西独(当時)ルール大学生物学部研究員。1980年三菱化成生命科学研究所入所。1993年大阪大学理学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
  • 北澤 繁太 さん

    【こんな講義だったら楽しく学べるんだろうな】

    料理ほど身近なイベントはなく、料理ほど身近な科学体験はない。教科書の中の世界を身近な事柄に転換してみよう。そのような試みが本書です。もとは著者の大阪大学における講義。大学生になった気分で読んでみよう。

    味の話、色の話、香りの話、温度の話など、お皿の上の物事を教科書の世界と結びつける。興味を持って耳を傾けることができます。これは本なので実際は聞こえてきませんが、まるで講義を聴くように読み進められます。

    旨味にまつわる話は面白かったです。旨味調味料、つまりグルタミン酸ナトリウムがなぜ「味の素」と命名されたのか。あやうくどのような名前になってしまうところだったのか。その先はさらに興味深いお話になります。

    味の素の稼ぎを理化学研究所に注ぎ込むことによって生み出された製品と企業たち。乾燥わかめを作り出した理研ビタミン、破れない薄いゴムをあるものに利用した理研ゴム、複写紙と複写機を世に送り出した理研感光紙。

    理研ビタミンはそのまんまですが、理研ゴムって何?破れない薄いゴムをあるものに利用した会社は現在のオカモトです。複写機のほうはもう少しわかりやすい。現在のリコーです。理光でリコーということなのでしょう。

    このように、身近な事柄や耳にしたことがある名称を引き合いに出しながらの講義だったら、お休みなさい(ご就寝)ということもないのでしょう。つまらないお題目にどうやって食いつかせるかは話し手の力量ですよね。

    感動してしまったのがエビに関するお話。冬休みに出された「エビはなぜ赤色素をもち、かつそれを隠しているのか」という宿題。これに対する「文学部B嬢」のレポートがたまらなく秀逸でした。彼女の回答は次の通り。

    「エビが赤いのはクリスマスにサンタ役をやるため」

    文学部のお嬢さんらしい回答ですが、もちろんふざけているわけではありません。きちんと生物学的な説明をもとに、物語に仕立てているのです。なお、彼女によるとエビの腰が曲がっているのもサンタ役が原因なのです。

    こんな講義だったら楽しく学べるんだろうなと思わせる一冊でした。実際は食品や商品を調理したり試食したり、また広告・新聞・ウェブ上の記事などを総動員した、マルチメディアな授業なのだそうです。受けてみたい!

  • Masanori Sazuka さん

    大阪大学の、五月病にかかりつつある新入生に対して、学びの愉しさを教え、被教育から能動的な自己教育に切り替える、という目的を持った講義録である。
    と言っても、まだやっていない幻の講義も含まれている。

    著者自身も述べているが、「私の文章は行間にオチョクリが感じられるようで」とあって、確かにそんな感じ。授業で受けていたら痛快と感じるのだろうけど、文章になっていると、ねえ。けれど、一つ一つの講義は、いい。実にいい。

    生活の周りにある疑問や目を向けていないような点に目を向けさせる。
    「青い食材を探せ」という項がある。単に食材は青いものが少ない、とか、青い食材はこれだ、というアプローチではなくて、イタリアの知人を歓迎し、イタリア国旗と日本国旗の色を使った料理を振る舞った、と。そして、フランス人やアメリカ人でなくてよかった、なぜなら青い食材は大変だから、と。

    ここで学生は考えるであろう、青い食材を。けれど学校で習わないだろうし、彼らの人生経験から、そうすぐには出てこないだろう。本書では、ここはさらっと進んでしまうから本題ではないのかもしれないが、そういうアプローチから食材の色、色素についての話に入っていく、というのは素敵だなあ。知識を与えるのと興味を与えるのでは、興味の方がずっと難しいと思うから。

物理・科学・医学 に関連する商品・チケット情報

  • 中野信子の新刊「サイコパス」 反社会的な人格を説明するために開発された概念「サイコパス」の偏見や誤解を解きつつ、その特徴的な行動や脳内の器質の特徴を、やさしく、興味深く解説。ベストセラーです。 ローチケHMV|2017年3月8日(水)
  • 【ノーベル賞】医学生理学賞に東工大 大隅良典栄誉教授 細胞がタンパク質を分解してリサイクルする、「オートファジー(自食作用)」の仕組みを解明した東京工業大の大隅良典 栄誉教授が、2016年のノーベル医学生理学賞を受賞。 ローチケHMV|2016年10月3日(月)
  • 診療点数早見表 2016年4月診療報酬改定の点数・基準・通知・事務連絡等を完全収載。詳細かつ緻密な索引機能で、自在にスピーディに検索が可能。 ローチケHMV|2016年4月19日(火)
  • 最新版『今日の治療薬 2016』登場 2016年版では「解説」章内に大規模臨床試験の結果などを『薬物療法のエビデンス』として掲載した『今日の治療薬 2016』。備考欄のマークが大きくなり、見やすくなった最新版。 ローチケHMV|10時間前
  • BLSヘルスケアプロバイダーコースの本 病院の内外で実践できる,個人およびチームのBLSスキルを指導する『BLSヘルスケアプロバイダー受講者マニュアル』のほか、アメリカ心臓協会のテキストをご紹介。 ローチケHMV|2016年2月10日(水)
  • 神経学を学ぶ学生必携の書 画像検査から緩和ケアまで、最新の内容を盛り込み、神経学の教科書として時代に即した内容が自慢の『臨床神経内科学』。本改訂では病態、検査、治療のつながりを強め、1冊で神経学を網羅できるよう各項目が見直しされている。 ローチケHMV|2016年2月10日(水)

おすすめの商品