宇野功芳(1930-2016)

人物・団体ページへ

宇野功芳の白熱CD談義 ウィーン・フィルハーモニー

宇野功芳(1930-2016)

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784893085146
ISBN 10 : 489308514X
フォーマット
出版社
発行年月
2002年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
397p;20

商品説明

●ハイドン……《交響曲102番》バーンスタイン●モーツァルト……《プラハ》E・クライバー/《フィガロ》クラウス/《魔笛》トスカニーニ/《レクイエム》シューリヒト●ベートーヴェン……《運命》クレンペラー/《田園》クラウス/《第7交響曲》シューリヒト(1957年)/《第九》フルトヴェングラー(1952年)●ウェーバー……《オイリアンテ》メンゲルベルク(ザルツブルク音楽祭)●シューベルト……《未完成》ケルテス●シューマン……《第4交響曲》ベーム(ザルツブルク音楽祭)●ブルックナー……《第5交響曲》シューリヒト/《第7交響曲》クナッパーツブッシュ(ザルツブルク音楽祭)/《第8交響曲》ジュリーニ●ブラームス……《第2交響曲》バルビローリ/《第4交響曲》ベーム●R・シュトラウス……自作自演集/《バラの騎士》バーンスタイン●ニュー・イヤー・コンサート2002……小澤 ほか

内容詳細

この本を読まずして、もはやウィーン・フィルのCDは語れない。ウィーン・フィルの名盤から、延べ170曲を選出。初コメント満載、ファン垂涎の1冊。著者ならではの語り口が冴え渡る、初の語り下ろし。

【著者紹介】
宇野功芳(1930-2016) : 音楽評論家、指揮者。1930年東京生まれ。国立音楽大学声楽科卒業後、1953年より評論活動をはじめる。指揮活動は現在、アンサンブル・フィオレッティとアンサンブルSAKURAを定期的に指揮し、その演奏はCD化されている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

宇野功芳(1930-2016)

1930年、東京生まれ。国立音楽大学声楽科卒。音楽評論家、指揮者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

宇野功芳(1930-2016)に関連する商品情報

  • 「宇野功芳の軌跡」がDVD付で書籍化 今年6月10日にこの世を去った宇野功芳の音楽人生と“人としての魅力”を1冊のムックに凝縮。合唱の指揮映像や対談の様子を収めたDVDを付録予定。 HMV&BOOKS online|2016年9月28日(水)

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品