肩書き捨てたら地獄だった 挫折した元官僚が教える「頼れない」時代の働き方 中公新書ラクレ

宇佐美典也

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784121505132
ISBN 10 : 4121505131
フォーマット
発行年月
2014年12月
日本
追加情報
:
205p;18

内容詳細

通帳の残金、二万円。
東大卒、元キャリア官僚の自信に満ち溢れたエリートが、自由に憧れ、
肩書きを捨てたら、まったく社会に通用しなかった!
仕事もお金も仲間もない「地獄」で見出した「頼れない」時代の働き方とは?
経産省や都知事選の体験を盛り込み、未来を予言。
生き延びたいなら、こう働くしかない!

<出版社からのコメント>

ブログや書籍『30歳キャリア官僚が最後にどうしても伝えたいこと』
(ダイヤモンド社)を通じ、自身の給与や官僚生活を公開して
脚光を浴びた宇佐美典也。

東大卒のキャリア官僚、いわゆるエリートだったはずの彼は、
なぜ退職後になすすべもなく、仕事もお金も仲間もない地獄へと
転落していったのか?
実はそこには「終身雇用」という幻想にまだ囚われている、
私たち現役世代の哀しい姿が見え隠れしています。

誰も言わないけどまもなくやってくる、国にも会社にも頼れない時代。
その到来を前に、今日からどんな働き方・生き方を選ぶべきなのか?

ドン底からの生還体験、そしてそこから這い上がる過程で出会った、
「力強く生き抜く人々」。彼らから学んだヒントと経産省での経験を
生かし、注目の若手論客が未来の働き方・生き方を提言。
生き延びたいなら、こう働くしかない!

<目次>

はじめに それは肩書きを捨てて味わった、地獄。
第一章 肩書き捨てたら地獄だった
第二章 たどりついた「セルフブランディング」という戦略
第三章 これからの働き方--フリーエージェント論
第四章 なぜ「会社」と「国」に頼れなくなったのか
第五章 そして、その頼れない世界で生き抜く技術
おわりに

著者
宇佐美 典也
1981年、東京都生まれ。東京大学経済学部を経て経済産業省。
企業立地促進政策、農商工連携政策、技術関連法制を担当したのち、
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)にて電機・IT分野の
国家プロジェクトの立案などに携わる。在職中に「三十路の官僚ブログ」で
自身の給料や官僚生活を赤裸々に公開して話題に。退職後、
「30歳キャリア官僚が最後にどうしても伝えたいこと」(ダイヤモンド社)出版。
「世界へ飛び出せ」とあおる空気に、「それより力強く生きる、目の前のおじさん・
おばさんにこそ学べ」と説いた「アンチグローバルマッチョ宣言」などが
ブレイクし、2012年BLOGOS AWARD新人賞を受賞。現在、
株式会社トリリオン・クリエイションの代表取締役を勤めながら、
テレビのコメンテーターなどへと活躍の幅を広げている。

【著者紹介】
宇佐美典也 : 1981年、東京都生まれ。東京大学経済学部卒業後、経済産業省入省。企業立地促進政策、農商工連携政策、技術関連法制を担当したのち、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)にて電機・IT分野の国家プロジェクトの立案などに携わる。在職中に「三十路の官僚のブログ」で自身の給料や官僚生活を赤裸々に公開して話題に。退職後、『30歳キャリア官僚が最後にどうしても伝えたいこと』(ダイヤモンド社)を出版。2012年BLOGOS AWARD新人賞を受賞。株式会社トリリオン・クリエイションの代表取締役(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

宇佐美典也に関連する商品情報

  • 元キャリア官僚なのに通帳の残金2万円? 元エリートが、自由に憧れ、仕事を辞め、肩書きを捨てたら、まったく社会に通用せず、一気に困窮生活に陥った状況を明かした『肩書き捨てたら地獄だった』。未来の働き方、生き方を提言してくれるノンフィクション。 HMV&BOOKS online|2014年12月9日(火)

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品