社会学の歴史 1 社会という謎の系譜 有斐閣アルマ

奥村隆

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784641220393
ISBN 10 : 4641220395
フォーマット
出版社
発行年月
2014年12月
日本
追加情報
:
283p;19

内容詳細

社会学者はなにを「謎」ととらえ、どのように格闘してきたのか。社会学の成立と展開を、はじめて学ぶ大学生への講義ライブというかたちで解説。

目次 : 第1章 「社会学」のはじまり―社会という謎/ 第2章 カール・マルクス―資本という謎/ 第3章 エミール・デュルケーム―連帯という謎/ 第4章 マックス・ヴェーバー―行為という謎/ 第5章 ゲオルク・ジンメル―距離という謎/ 第6章 シカゴ学派とミード―アメリカという謎/ 第7章 パーソンズとマートン―秩序という謎/ 第8章 亡命者たちの社会学―ナチズムという謎

【著者紹介】
奥村隆 : 1961年徳島県生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。博士(社会学)。東京大学文学部助手、千葉大学文学部講師・助教授を経て、立教大学社会学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

奥村隆

1961年徳島県生まれ。1990年東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学、博士(社会学)。千葉大学文学部講師・助教授、立教大学社会学部教授を経て、関西学院大学社会学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品