時間と刃物 職人と手道具との対話

土田昇

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784875864288
ISBN 10 : 4875864280
フォーマット
出版社
発行年月
2015年01月
日本
追加情報
:
241p;20

内容詳細

いまなぜ「職人」なのか!? 「人間と道具との交歓などという愚行が、唯一許されるであろう地点は、人間もまた、永遠性からはほど遠い存在であるという自覚にもとづいた姿勢によってしか得られないのです……」(本文より)。卓越した名工・伝統工具との邂逅によって培われたまなざし──透徹した精神が躍動する〈人と物の関係を探求する哲学エッセイ〉。

【著者紹介】
土田昇 : 1962年東京生まれ。土田刃物店店主。父・土田一郎氏より引き継いだ千代鶴是秀作品の研究家であるとともに、木工手道具全般の目立て、研ぎ、すげ込み等を行う技術者でもある。近年、伝統木工具の目利きとして、テレビ東京系列「開運 なんでも鑑定団」で名工の作品を鑑定している。竹中工務店・竹中大工道具館における展示・研究協力のほか、朝日カルチャーセンターをはじめ全国の手道具、木工具団体に講師として招聘されている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

土田昇

1962年、東京生まれ。土田刃物店三代目店主。父・土田一郎より引き継いだ千代鶴是秀作品の研究家であるとともに、木工手道具全般の目立て、研ぎ、すげ込み等を行う技術者でもある。竹中大工道具館(神戸)の展示・研究協力。ものつくり大学技能工芸学部、非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されてい

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品