CD

Sym.4, Trombone Concerto(Orionmachine): Bousfield(Tb)藤岡幸夫 / Bbc.po

吉松 隆(1953-)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
MCHAN9960
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
オリオンマシーンについて。うーん、バウス...

投稿日:2004/12/04 (土)

オリオンマシーンについて。うーん、バウスフィールドのこの演奏はなんだか荒くたいと思う。トロンボーンってもっと曲に応じたカッコイイ表現、またデリケートな表現ができると思う。箱山さんの演奏は見事だよ。

IB さん | 関西 | 不明

0
★
★
★
★
★
2004.3.13、日フィル/藤岡さん/ソリスト...

投稿日:2004/03/17 (水)

2004.3.13、日フィル/藤岡さん/ソリスト箱山さん(93年初演者)でオリオンマシーンを聴いてきました。 カデンツァでは、箱山さんが歩き回り、トロンボーンの先で藤岡さんを突っついて指揮者台から追い払うなど、客席から幾度となく笑い声が上がる楽しい演奏でした。一転して、終楽章は、第一交響曲終結部を思わせるような光と虹が激しく逆巻く怒濤のようなきらめきの渦、カデンツァでゆるんだ聴衆の雰囲気が、一気に緊張し、固唾を飲むように静まり返っていました。胸が震えました。吉松さん天才!改めて実感。

ハメーンリンナ さん | 横浜 | 不明

1
★
★
★
★
★
なんとも可愛く懐かしい胸キュン交響曲。2...

投稿日:2003/02/15 (土)

なんとも可愛く懐かしい胸キュン交響曲。2楽章では、マエストロ藤岡とショスタコーヴィッチの名前が絡んでいたりお茶目な仕掛けが一杯で楽しいです。アダージェットは絶品。それから「オリオン・マシーン」のトロンボーンのカッコ良さも最高!

せろよん さん | 長野県 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

吉松 隆(1953-)

1953年東京生まれ。慶應義塾大学工学部を中退後、一時松村禎三に師事したほかは、ロックやジャズのグループに参加しながら独学で作曲を学びます。1981年に「朱鷺によせる哀歌」でデビュー。いわゆる「現代音楽」の非音楽的な傾向に反発した「世紀末抒情主義」を主唱し、5つの交響曲、5つの協奏曲、オーケストラのための<鳥の四部作>を始めとする室内楽作品、<モノドラマ>などの舞台作品、邦楽曲など多くの作品を発表

プロフィール詳細へ

吉松 隆(1953-)に関連する商品情報

おすすめの商品