司馬遼太郎が考えたこと エッセイ 1(1953.10〜1961.

司馬遼太郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784106467011
ISBN 10 : 4106467011
フォーマット
出版社
発行年月
2001年12月
日本
追加情報
:
20cm,397p

内容詳細

司馬遼太郎の、無限に伸縮する白銀色の脳細胞がやわらかく表出した短文「それでも、死はやってくる」「小鳥と伊賀者」「魚ぎらい」「穴居人」など、1953年から1964年までのエッセイ、全84篇を収録する。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

司馬遼太郎

1923年大阪に生まれる。大阪外国語学校蒙古語科卒業。産経新聞大阪本社文化部に在職中、59年『梟の城』により第42回直木賞受賞。芸術院会員。91年に文化功労者、93年に文化勲章を受章。1996年2月没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品