この商品に関連するタグ

もっと見る +

九転十起 事業の鬼・浅野総一郎

出町 譲

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784344024878
ISBN 10 : 4344024877
フォーマット
出版社
発行年月
2013年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
出町譲 ,  
追加情報
:
398p;19

内容詳細

世界一の工業貿易立国を目指し、“日本に尽した男”の壮絶な生き様を活写。

「政府に任せておいたらいつまでたっても、やらないだろう。
日本が本当に豊かになるためには、工場で製品を造ってどんどん輸出していくことが重要なんだ。
国内だけを見ていてはいかん。企業家としての大勝負だ。」
富山から夜逃げ同然に上京した総一郎は、不撓不屈の精神でコークス・セメント・炭鉱
製鉄・港湾・海運・造船業界を次々と席捲、ついに京浜工業地帯を築くに至る。
・貿易立国への夢     ・”夜逃げ男”東京への夢
・渋沢栄一との出会い   ・現場を愛する「事業の鬼」
・海運業界の風雲児    ・安田善次郎暗殺の衝撃
・サクという同志      ・死の直前八三歳で欧米視察
・「幻の財閥」今いずこ

【著者紹介】
出町譲 : 1964年富山県高岡市生まれ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。90年に時事通信社入社。経済部、松江支局、外国経済部を経て98年にニューヨーク特派員。ウォール街の大物投資家や米金融当局者などを取材源に、空前の好景気に沸く米国経済の最新ニュースを発信し続けた。2001年帰国後に時事通信社退社。同年テレビ朝日入社。内閣府、日銀、財界を担当した。06年にスーパーJチャンネルのニュースデスク、07年から報道ステーションの経済担当ニュースデスクとなり、現在に至る。11年の東日本大震災をきっかけに、本業の傍ら「週末作家」として活動を開始(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
  • Shinichiro Iuchi さん

    タイトルの通り事業に対する失敗は数知れずながら、その都度強烈なまでの働きぶりや不屈の挑戦魂で浅野セメントや京浜工業地帯の礎を築いた浅野総一郎。戦後、解散してはしまったが1代で浅野財閥を作り上げた凄さの1つを挙げるなら、とことんまで事業の向上を突き詰める実行力ではないだろうか。逆に言えばそこまでとことんやりきらないと、世間一般で言う成功にはたどり着けないように感じられた。

文芸 に関連する商品・チケット情報

  • 村上春樹 新作『騎士団長殺し』2月24日発売 村上春樹の待望の最新長編が、「第1部 顕(あらわ)れるイデア編」と「遷(うつ)ろうメタファー編」の全2冊で発売。 ローチケHMV|1日前
  • 又吉直樹、小説第2作が『新潮』に掲載 『火花』で第153回芥川賞を受賞し、新作が待ち望まれていた又吉直樹の長編小説第2作「劇場」が文芸誌『新潮』に掲載。原稿用紙300枚の恋愛小説。 ローチケHMV|7日前
  • 嵐・相葉雅紀主演で『貴族探偵』がドラマ化 自称「貴族」で趣味は「探偵」という謎の男が、コネと召使いを駆使して事件を解決する、麻耶雄嵩の『貴族探偵』が、4月からスタートするフジテレビ系“月9”でドラマ化決定。 ローチケHMV|2017年2月10日(金)
  • 「Number」連載時から話題沸騰『1984年のUWF』 佐山聡、藤原喜明、前田日明、田延彦……、彼らは何を夢見て、何を目指したのか。果たしてUWFとは何だったのか。UWFの全貌がついに明らかになる。 ローチケHMV|2017年1月27日(金)
  • 第156回 芥川賞・直木賞が決定 1月19日、第156回芥川賞と直木賞の受賞作が発表されました。芥川賞は、山下澄人氏の『しんせかい』が受賞。直木賞は、恩田陸氏の『蜜蜂と遠雷』が受賞。 ローチケHMV|2017年1月19日(木)
  • 「月刊ローチケHMV」連載の話題作が単行本化 「月刊ローチケHMV」で連載されていた『占い師 琴葉野彩華は占わない』が単行本化。お買い上げいただいた方に先着で、【限定特典】をプレゼント。 ローチケHMV|2017年1月19日(木)

おすすめの商品